ふるはしかずおの絵本ブログ3

「おてがみ」-悲しいときも、うれしいときも、ふたりはいっしょ

image

すてきな友情の おはなし。そして、ユーモアの美が、いっぱいの絵本です。

     ・・・

かえるくんが、がまくんの家にやってきます。

「 がまがえるくん。 きみ かなしそうだね。 」 

「 うん、 そうなんだ。 」

がまくんは、おてがみを一度も、もらったことが ないのです。

 (えっ。ほんとに?)

     

ふたりとも かなしい きぶんで げんかんの まえに こしを おろしていました。  ( かえるくんまで!? )

     

すると、かえるくんは 大いそぎで 家へ帰りました。

 (どうして 家へ 帰ってしまうの? )

そして、かみに なにか かきました。

 (何を 書いたの かな?)

「 がまがえるくんへ 」

     ・・・ 

手紙を、かたつむりに託しました。かたつむりは言います。

「まかせてくれよ。  すぐ やるぜ。」

 ( ユーモアですね。 再読するとよくわかります。)

image

このあと、

かえるくんは、

かまくんの家にもどって、手紙がくるのを 待ちました。

ふたりの 対照的な気持ちの くりかえしです。     

    

かえるくんは、

もうちょっと

ひょっとして

きょうは

だれかが きみに おてがみ くれるかもしれないよ、と励まします。

しかし、がまくんの失望感は、ますます高まります。

     ・・・

とうとう、

かえるくんは、秘密をもらしてしまいました。

「ぼくが きみに てがみ だしたんだ 」。

 (どんな 手紙を だしたのかな? )

     

しんあいなる がまがえるくん。ぼくは きみが ぼくの しんゆうで ある ことを うれしく おもっています。きみの しんゆう、かえる 

  

「ああ」 

がまくんが  いいました。

「とても いい てがみだ。 」

 (がまくんも やさしい人物です)

     ・・・

ふたりとも とても しあわせな きもちで そこにすわっていました。 

     ・・・

こまった ときに たすけ、

かなしい ときも、

うれしい ときも、 いっしょ。

お互いを 思いやる 温かな世界です。

また、三木卓さんの訳文は、やわらかな 木綿のような肌触りです。

     ・・・

ところで、かたつむりは?

4日たって おてがみを 渡しました。

     ・・・

※ 『 ふたりは ともだち 』  ( アーノルド・ローベル作、 三木卓訳、 文化出版局  1987年 )のなかに、「おてがみ」はあります。ほかに「はるがきた」「おはなし」「なくしたボタン」。どれも ふたりの友情を描いたユーモアあふれる作品です。

SHARE