ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 チャンティクリア と きつね 』- 14世紀からの 教訓的な メッセージ
image


原作は、

チョーサー ( 1340頃 ~ 1400年 ) の

『 カンタベリー 物語 』。

1958年の コールデコット賞 受賞作品です。

     ・・・

むかし、

谷間の 森のちかくに、

おかあさんと  

ふたりの 女の子と

おんどりの チャンティクリア 

7羽の めんどりが   

くらしていました。

     ・・・

チャンティクリアは

じぶんが おそわれる夢で 目を覚ましました。

      「 こわくて  こわくて ・・・ 息が とまりそう だった 」

     ・・・

ところが 

ほんとうに

わるがしこい きつねが、

やってきたのです。

ことばたくみに

チャンティクリアを おだて、

油断したところを 

ぱくりと  

くわえて  しまうのです。

     ・・・

きつねは 森に にげようとします。

さあ、  たいへん!

      ・・・

   おかあさん

   ふたりの 女の子

   めうし

   ひつじ

   ぶた

   あひる

   がちょう

   みつばち

   の   大追跡。

     ・・・

チャンティクリアは、 

さいごに うまく きつねを だまします。

で、

その方法は ?

きつねに しゃべらせること。

そうしたら、 

くちを ひらきますね。

チャンティクリア は、   

そのすきに にげだしたのです。

     ・・・

【 教訓 1 】

     ・・・

   だまって       いなければ    いけないときに、

   ぺちゃくちゃ  おしゃべり   するやつは、

   がまんが       たりないんだな

     ・・・

クーニーの絵 は  

服装  

家屋  

風俗など

14世紀の     雰囲気を      

いきいきと   表現しています。

     ・・・

 【 教訓 2 】

     ・・・

  ね、 うっかり    おだてに     のると、

  どんなめに   あうか、  これで    

     わかった     でしょう

       ・・・

※『 チャンティクリア と  きつね 』  ジェフリー・チョーサー原作  バーバラ・クーニー作  ひらのけいいち訳  ほるぷ 出版  1978年

SHARE