ふるはしかずおの絵本ブログ3

『もけら もけら』-音楽を表現した絵本

image

『 もけら もけら 』 は、

すべて、

まったく  意味のない  ことばによって、 構成されています。

          ・・・

もけら  もけら  でけ  でけ

ぱたら  ぺたら

ぴた  ごら  ぴた  ごら

ころ  もこ  めか  もけけ  け  け  け

しゃばた  しゅばた  しゃばた  ぱたさ

           ・・・

こんな調子です。

ぱたら、 ぺたら、 ごら、 めか などの ことばには、

意味が ありません。

意味 」 を 欠いて いますので、  ことばの  「 」 と 「 」 が めだつのです。

     image

『 もけら  もけら 』 は、

「 音 」 の おもしろさを 追求しています。

絵本で、 音楽を表現する のが、 ねらい なのかも しれません。

ですから、 読み手は、 ことばの演奏者 です。

     ・・・

でも、

ストーリーも えがけます。

「 もけら もけら 」 と呼ばれる 人物が、

「 でけ でけ 」 と やってきて、

「 しゃばた  しゅばた  しゃばた  ぱたさ 」 と歌をうたい、

いろいろな  遊びを  くりかえし、

「 すばらば 」 といって 去っていく  おはなし。

そして 、最後に、

だば!

喜びの  声をあげるのです。

        ・・・

さて、

この絵本から、

子どもたちの 音楽的表現や身体的表現を たくさん ひきだしてみましょう。

  ごろ  がら  ぐれ  もが

  ごあら  ごあら

  がら  がら  がら  とばた  たん

  たばた  たん

  すばらば

  だば!

image

子どもたちは、 これらのことばを どのように 読むのでしょうか?

また、

どのような  楽器で、

どのような  リズムで、 

どのような  身体の表現を するのでしょうか?

想像の楽しみは つきません。

      ・・・

※ 『 もけら  もけら 』 山下洋輔ぶん、 元永定正え、 中辻悦子構成、 福音館書店 1990年発行

SHARE