ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 アベコベ さん 』-読者の 常識に 挑戦 ?

image

タイトルの とおり、

生活の すべてが アベコベの 家族のおはなしです。

     ・・・

おきるのは 真夜中。

おきたら、

パジャマに  きがえて、 ベッドで  夕ごはん。

 ( アベコベ。 )

手と足を  つかって  食事。

外出は  パジャマ。

テレビを   さか立ちをして 見ています。

 ( みんな  アベコベ。 )

     ・・・

ある日、

おとなりの  プラムさんが 

娘の ルーシーの子守を  お願いにきました。

るすばんを  たのまれた  アベコベさん一家。

ルーシーの  家に  行き、

きちんとしておいて あげましょう

さあ  たいへん !

きれいな  へやが  めちゃくちゃに。

壁に  ラクガキをしたり

パンを のこぎりで切ったり・・・

     ・・・

そこへ、

泥棒が  はいってきました。

でも、

アベコベさん  一家は、

おきゃくさんだ !

泥棒も  ビックリ !

 ( でしょうね。 )

     ・・・

プラムさんが   帰宅しました。

めっちゃくちゃに   したのは、 泥棒 ?

アベコベさん一家は、  さようならを  言うと 

窓から  帰りました。

     ・・・

そんな  ことはしないよ、

ぜんぶ  はんたいだよ、

という  子どもたち。

常識はずれの 行動をする アベコベさん一家。

  常識との ズレ、

  そこから、

  わらいや ユーモアが うまれます。

最後に、

アベコベ一家の  おとうさんの  一言。

よのなかには  いろんなひとが  いるんだ 」。

     ・・・

このような おかしな人たちは、 いませんが、

ものごとを アベコベに見る 見方はあります。 

     ・・・

※ 『 アベコベ さん 』  フランセスカ・サイモン文、  ケレン・ラドロー絵、  青山南訳、  文化出版局  1997年発行

SHARE