ふるはしかずおの絵本ブログ3

『きんのさかな』-見えない心が見える世界

image

ロシアの作家、プーシキンの 民話的なおはなし、

『 きんのさかな 』です。

      ・・・

あるとき、

貧しいじいさんは、 きらきらひかる 金のさかなを 釣り上げます。

「 おじいさん わたしを うみに はなしてください。  おれいは なんでも いたします。 ほしいものなら なんでも さしあげます 」 と、 金のさかなは、 助けを求めました。

じいさんは、 言います。

 「 おれいはなんどは なんにも いらねえ、 あおい うみで おもいっきり およぐが いいよ」。

しかし、 ばあさんは、

「 たらいでも もらって くれば よかったのじゃ 」 と、 じいさんを なじりました。

      ・・・

じいさんは、

青い海にもどって、

「 たらいがほしい 」 と、 金のさかなに頼みます。

「 しんぱいしないでおじいさん。  あたらしい たらいを あげますわ」。

「 たらい 」 が実現すると、

ばあさんの欲は、 ますます  エスカレート。

今度は「 いえをたててくれとたのんでみろ 」と、 じいさんに  言いつけます。

 海は、 どんより  濁っています。

       ・・・

その家も  実現すると、

こんどは、「 貴族のおくさま 」 になりたいと  言いだします。

海は、  ざんぶざんぶ、  騒いでいます。

「 女王になりたい 」 と いった欲望も、 実現しますが、

もう、 青い海は、 まっくろ。

     ・・・

そして、  最後に、

ばあさんが、  金のさかなを  召使にして、

「 海の女王 」 になりたいと  言ったとき、

海は、 嵐で、 まっくろです。

さかなは、 もうなにも  言いませんでした。

深い海の底に  消えてしまいました。

じいさんは、  しょんぼり、 ばあさんのところに  帰ります。

帰ってみますと、 以前のどろかべごやと  壊れたたらいが  あるだけでした。

       ・・・

人間の欲の深さが、 海の色や   海の様子によって、  象徴的に  表現されています。

心のなかの  欲望は、 見えませんが、

見えない心が、

ばあさんの  言動や海の  すがたで、

はっきりと  見えるように  なっています。

      ・・・ 

フランスの文学史家、 ポール・アザールは、  よい本とはなにかと聞かれて、 こう答えていました。

      ・・・ 

「 特に わたしが愛する本はというと、 それは、 あらゆる認識のうちで 最もむずかしいが、 また 最も必要な認識、 つまり 人間の心情についての 認識を 与える本である。」

『 本・子ども・大人 』  ポール・アザール、 矢崎 源九郎、 横山 正矢訳、 紀伊國屋書店

          ・・・・・・

『 きんのさかな 』 ヴェー・コナシェビチ画、 宮川やすえ訳、 ほるぷ出版  1979年

 

SHARE