ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 あおくん と きいろちゃん 』-色紙を ちぎった 人物像 なのに

image  

はじめて  読んだとき

強烈な印象を  受けた絵本です。

    ・・・

あおくんには、

パパと ママ

そして

たくさんの  お友達がいます。

でも、

一番のなかよしは  きいろちゃん。

きいろちゃんは  通りのむこうに

パパと ママと  住んでいます。

     ・・・

ある日、

あおくんは  お留守番。

でも、

きいろちゃんと  遊びたくなりました。

あちこち  探して、 街角でばったり。

あれ? 

あおくんと  きいろちゃんは 

かさなりあって、

いつのまにか、  みどりいろに。

ふしぎ !

      ・・・

みどりいろに  なった  ふたりは、

家に  帰ります。

しかし、

あおくんの  うちでも、

きいろちゃんの  家族にも、

うちのこ じゃないと  言われてしまいました。

ふたりは、  悲しくて  なきました。

    ・・・

泣いて、

泣いて、

  ふたりは  ぜんぶ  なみだに なってしまいました。

でも、

あおの  涙は、  あおくんに、

きいろの  涙は、 きいろちゃんに。

ふたりは  もとどおり !

  これなら  ぱぱや  まま  きっと  まちがえっこないね

     ・・・

パパや  ママは、 大喜び。

きいろちゃんを  抱きあげると

あれ!

みどり いろに。

そして、

おやたち も、

みどりになって、 喜びあうのです。

     ・・・

image

     ・・・

色紙を  ちぎって、  人物を  表現。

色紙なのに、

楽しさ、

うれしさ、

悲しさ、

表情や  こころまで  見えるのです。

    ( 子どもは、 ちぎった色紙で こんなことまで わかるの? )

もちろん。

ちゃんと  理解しています。

     ・・・

※ 『 あおくん と  きいろちゃん 』  レオ・レオーニ作   藤田圭雄訳   至光社  1967年

SHARE