ふるはしかずおの絵本ブログ3

絵本の 表現 - 「 くりかえし 」 の 効果 と 意味
image


絵本の   くりかえしには、

どのような   

効果 と 意味 が     あるのでしょうか。

    1.  テーマ の       強調

    2.  人物とその世界 の   強調

    3.  読者の体験 の     強調

     から 考えます。

      ・・・

1.テーマ の 強調

 「 各場面 を  わずかに 変えながら  同じ叙述 を くりかえすことは、  ストーリーの 構成の上に  意義 を もってくる。  それは 中心になる アイディア -城 が 長い 眠りに とらわれるというテーマ  -  を 強調し、 それに 一貫性を  もたせる 。」

        リリアン・スミス、 石井桃子 訳  『 児童文学論 』  岩波書店

       ・・・     

     くりかえしに     よって、

   子ども の        意識の なかに  うまれた

   イメージ と      意味を   

     ひとつ の     方向にむけて   強調します。

  意味づけられた  イメージが、 

  ゆたかに   深められて     いきます。

  そして、 

  テーマ を    強調します。

      ・・・

2.人物 ( こころ と すがた ) と  その 世界の  強調

image

      ・・・

 『 スイミー 』 の   くりかえしは、

   スイミーという    人物 の 強調です。 

   かんがえる    スイミー     

   行動する          スイミー、

      教える             スイミー、

      リーダーの          スイミーへと  

   スイミーの    人物像は  

   ゆたかに     ふかくなります。

      ・・・

 『 ぼくにげちゃうよ 』 では、

   おやこの会話が   くりかえされます。

   それは、

   子どもを愛する  

   かあさんうさぎの  強調です。

   くりかえしによって、

           母親の   愛を   うきぼりにします。

     ・・・

3.読者の 体験の 強調

image

       ・・・

      読み手  または  聞き手の側 に、 

        高まってゆく 興味 と 期待を もたせる 

        リリアン・スミス 『 児童文学論 』

       ・・・

  『 おおきな かぶ 』  では、

   おじいさん、 おばあさん、 

          まご、 いぬ、 ねこ、 

          ねずみが  

   「 うんとこしょ  どっこいしょ 」。

        聞いている   子どもまで、

          「 うんとこしょ   どっこいしょ 」。

           まだ、 ぬけない !

       ・・・

       『 3びきの くま 』  では、

       「 だれだ 」

       「 だれです 」

       「 だれだい ・・・」

   くまたちが、

   おんなのこ の     ねているべっどに  

          近づくと、  

   聞き手 の       子どもたちは    大騒ぎ。

   スリル が     高まります。

      *   *   *   *   *   * 

絵本 は

人物 や

ものごと の       本質・真実 を、

くりかえし で    表現 します。

      ・・・

それは、

また

子ども の       認識 の    あり方を   

考慮しての    方法です。

人物の      おなじような   言動、

おなじ      出来事の     くりかえしによって、

ものごと(人物)の本質 が        わかります。

子どもにとって、  

わかりやすい   パターンです。

絵本の          くりかえし は、

たいせつな        ことを   

認識し ・ 表現する       方法なのです。

      ・・・

★「 絵本ブログ ランキング 」に参加しています。 よかったら クリックを お願いします。 ボタンは、タイトルを クリックし、記事ページの 最後にあります。

SHARE