ふるはしかずおの絵本ブログ3

『ロージーのおさんぽ』-絵本の文脈をつくる

image

『 ロージーのおさんぽ 』は、

絵で、ストーリーを語っています。

文章は、最小限のことしか語りません。

        ・・・

めんどりのロージーが おさんぽに おでかけ。(第1画面)

       ・・・

おにわを すたこら(第2画面)

 首が 曲がるほど 草かきに ぶつかる  きつね。

 ロージーは、間一髪、 難を逃れますが、

       ・・・

きつねが、命を狙っていることに気がつきません。  (第3画面)

       ・・・

 おいけの まわりを ぐるり(第4画面)

 水しぶきがあがり、きつねは またも失敗。

      ・・・

しかし、ロージーは、この危機に気がついていません。(第5画面)

      ・・・ 

絵本の文章は、きつねが めんどりのロージーを狙っていることを、ひとつも語りません。絵本の絵が、それを表現しています。

      ・・・

3歳児や 4歳児は、2人の人物の関係( 命を狙う-狙われる )が、よくわかっていないときがあります。きつねがロージーを狙っているという文脈が、文章にありませんので( したがって語られませんので )、読者は、2人の関係を理解しておくことが求められています。

     ・・・

『 ロージーのおさんぽ 』は、

文字がすくないので、一見すると、やさしい絵本のようにみえますが、ある意味で、3歳、4歳の子どもには、むずかしい絵本ともいえます。絵本の文脈を、読者が 自分で つくらなければならないからです。 

文脈をつくって読むことで、ロージーを狙っているきつねが、何度も 失敗することの意味が わかります。

         ・・・ 

読み手は、

読みかたりをはじめる前に、

表紙を見せながら、  

人物の関係について説明し、

絵本の文脈を 前もって つ くっておくのがよいようです。

image

ロージーは気づいていませんが、散歩をするときには、前だけでなく、後ろの危険も見なければなりません。こうしたことは、わたしたちの生活にもありそうです。世の中には、後ろから狙っているきつね( 悪者 )が多いものです。

          ・・・

『 ロージーのおさんぽ 』   パット・ハッチンス、 渡辺茂男訳、 偕成社 1975年

SHARE