ふるはしかずおの絵本ブログ3

『ねっこ』-目に見えない世界を体験する

image

平山和子さんの素敵な絵本 『ねっこ』 ( 福音館書店 ) の紹介です。

ね ( 根 ) の働きはなんでしょう。

ね ( 根 ) は、水をすっています。

水にとけた養分をすっています。 

そして、ね ( 根 ) は、草や木をささえています。

庭で、

花壇で、

畑で、

道端で、

野原で、

山で・・・

「 ねは くさを ささえています。そして、みずや ようぶんを すっています。」

           ・・・

平山さんの絵は、 目に 見えない 根の世界を リアルに 表現しています。

観点が しっかりとしていて、 くりかえしの 表現で、 根の機能が わかりやすく 説明されています。

圧巻は、 木の根の 画面です。  生命感 あふれる世界で、 感動的です。

  正しい知識、

  わかりやすい説明、

  芸術的な絵。

かがくのえほんの傑作です。

           ・・・ 

『 ねっこ 』は、13の画面で構成されています。最初と 最後は、わたしたちが日頃見ている草や木の絵です。わたしたちの日常の世界です。

しかし、2画面からは、本来ならば、目に見えない地面の下の根の様子です。見えない地面の下が、これから11画面もつづきます。読者は「見える世界」から「見えない世界」に入りこみ、そして、もう一度「見える地上の世界」にもどってくるという絵本の体験をします。

            ・・・

日常の生活において、根を見たことのない 子どもはいないでしょう。

しかし、体験してはいても、この絵本のようには知らなかったのです。

見えない根の世界を 体験することによって、読者は「 根 」に対する認識を 改めることに なります。

            ・・・

『 ねっこ 』の世界を体験した子どもたちは、きっと以前とはちがった自分になっていることでしょう。

目に見える草木の下で、

目に見えない根が、

しっかり支え、

水と養分を吸っていることを、

想像の目で 見ることができる 子どもに なっている と思います。

『 ねっこ 』 の読者の体験は、今まで 知らなかった 世界を 知ることの 喜びです。

根の たいせつな役割という意味づけられた 絵本の体験が、子どもを 教育します。

このようなすてきな絵本ですが、書店ではもとめることができません。図書館で 探してみてください。

            ・・・・・・

※『ねっこ』 平山和子作・絵  福音館書店  2004年 

SHARE