ふるはしかずおの絵本ブログ3

『みんな うんち』-生命賛歌の絵本

image


うんちをする 動物たちの姿を 通した

生命賛歌の 絵本です。

         ・・・

 おおきい ぞうは おおきい うんち                 

 ちいさい ねずみは ちいさい うんち               

 ひとこぶらくだは ひとこぶ うんち

 ふたこぶらくだは ふたこぶ うんち

 これは うそ!

        ・・・

 聞き手の 興味をひきだす

仕掛けのある 書きだしです。

ぞう、ねずみ、らくだの 「 獣 」の後は、

       ・・・

 さかなも うんち 

 とりも うんち

 むしも うんち。  

 鳥獣虫魚です。  

       ・・・

この絵本の中には、   

 実に22回も  「うんち」という言葉が でてきます。

 いろんな どうぶつ いろんな うんち 、

 いろいろな  「 形 」、

 いろいろな  「 色 」、

 いろいろな  「 におい 」とも 言っています。

 ええーいっ、

 「 大きさ 」や「 かたさ 」も、あげてみましょう。

 いろんな「 大きさ 」 

 いろんな「 かたち 」です。

 image

生きものたち( 鳥獣虫魚 )は、 

それぞれ自分にあった 多様な生活を 営んでいます。  

食べものも 違います。  

すむところも 違います。

       ・・・

止まって うんちをする 動物、

歩きながらする 動物も います。

「 うんちをしても しらんかお 」を 決めこんでいる 動物、

「 あとしまつ 」をするりっぱな(?) 動物もいます。

生活のしかたが 違うのです。

      ・・・

草食動物と 肉食動物、  

地上動物と 水中動物とでは、

 きっと、うんちの  「 かたち 」「いろ 」「 におい 」が 違っているに相違ありません。この絵本のおもしろいところは、うんちを通して、生きものたちの 異なる生活が 見えてくるところです。

           ・・・

  いきものは たべる( 生きて いる )から、    

 みんな うんちをする 。

            ・・・

※ 『 みんな  うんち 』  五味太郎作、  福音館書店 1981年

SHARE