ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 がちょうの ペチューニア 』-本に 親 しむ ものは 賢くなる !・?

image

がちょうの  ペチューニアとは、 

だれのこと   なのでしょうか?

     ・・・

ペチューニアは、 

本を  ひろい、

 ほんを もち、  これに  したしむ  ものは  かしこくなる  」 

と 信じて、

いつも  持ちあるきます。

本と  いっしょに  ねむり、

本と  いっしょに  およぎました。

    ( でも、  読んだ わけでは   ありませんよ。 )

    ・・・

ペチューニアは、 

得意のあまり、

くびが、

どんどん 

どんどん

どんどん 

のびました。

    (  いますね。  こんなひと。 )

     ・・・

それを見て 

かしこいと   思いこんだ   どうぶつたち。

相談をもちこみます。

おんどりの  とさかが  赤いのは  なぜ ?

ぺチューニアは、  いいます。

「 プラスチックでしょうね、  おそらく 」。

    ( いいかげんな   答え。 )

     ・・・

めんどりの  アイダに 

ひよこを  数えてと  いわれて ・・・

「 3 かける 3   だから、  つまり  6 ・・・ 」

「 それ、  9 より   すくないんですか? 」

「 いいえ、  おおいんです。 」

    ( こんな   調子です。 )

image

     ・・・

いぬの   ノイジーも、

うまの   ストローも、

びっく り。

どうぶつたちは大混乱。

ついに、

花火を、

キャンデーと断言して、

    ( もちろん ! ) 

   バーン! 

     ・・・

ぺチューニアの   くびは、  もと どおり。

そして、

ためいきをついて いいました。

     ・・・

 なかみを   あたまや  こころに  いれなくっちゃ。  そして、  そのために、

 じを   おぼえ なくちゃ   いけないのよ 」

     ・・・

本を  持っているだけで、

かしこいと   思いこんだ   ぺチューニア。

ほん を 

知識 ・・・と いいかえれば、 

わたしたちのおはなし。

       ( くわばら、  くわばら  )

     ・・・

※ 『 がちょうの ペチューニア 』   ロジャー ・ デュボワザン作   まつおかきょうこ訳     冨山房    1999年   ( 初版 1950年 )

SHARE