ふるはしかずおの絵本ブログ3

『わすれられない おくりもの』-支えあういのち、いのちのつながり

image

いのちの  つながりとは 

なにかを  考えさせられる  絵本です。

     ・・・

みんなから  慕われている  アナグマ。

しかし、

秋の終わり、

アナグマは、  自分の死を  さとりました。

ある夜、

アナグマは、 死にました。

「 長いトンネルの  むこう に 行くよ  さようなら  アナグマより 」

という手紙を  残して。

     ・・・

友人を  うしなった  どうぶつたち。

モグラ、

カエル、

キツネ、

ウサギのおくさん。

かれらは、

アナグマの  思い出を語りあいます。

     ・・・

そして、

気づくのです。

アナグマが  残して  くれたものが、

みんなの  心のなかで 生きつづけていることに。

そして、

支えあって 生きている( 生きてきた )ことに。

     ・・・

このことが  わかったとき、

どうぶつたちは、

悲しみを  のりこえる  勇気が  うまれたのです。

     ・・・

image

     ・・・

いつか  訪れる  死。

永遠の  いのちは  ありません。

いのちは  ひとつ。

その、

いのちは、

つながっています。

支えあっています。

また、

いのちを  生みだすのは  いのちだけ。

アナグマは  みんなの  こころのなかで  生きつづけました。

記憶すること、

忘れないことの 

たいせつさが わかります。

      ・・・

※ 『 わすれられない おくりもの 』 スーザン・バーレイ 作・絵、  小川仁央訳、  評論社、 1986年発行 大人向けの 絵本です。

SHARE