ふるはしかずおの絵本ブログ3

『西風号の遭難』-幻想的な世界へ飛翔する

image

ファンタジーの 絵本。

画集のような 絵本です。

     ・・・

語り手の  わたしは、

ちいさな 漁村で

丘に のぼりました。

そこで、

ふしぎな 光景を 目にします。

小さな ヨットの 残がい が よこたわって いたのです。

どうして 丘のうえに ヨットが あるのでしょうか?

事情を 知りたい 読者。

もう、

ファンタジーの世界に 入りこんでいます。

老人が かたります。

     ・・・

むかし、

ヨットの 操縦が じょうずな  少年がいました。

ある日、 少年は 

西風号に のり 遭難してしまいます。

気がつくと、

少年は、 見しらぬ 浜辺に。

 現実の  ようでもあり、

 非現実の ようでもある 世界。

     ・・・

このあと、

少年が  見たものは。

ヨットが 

空中たかく  うかんで 目のまえを  通りすぎる  光景です。

そして、 

三隻めの ヨットが、

西風号を ひいていくのです。

    ・・・ 

ヨットを 追い、

少年は、

ひとりの 船乗りと であいました。

そして、 そらを飛ぶ 技術を ならった 少年は・・・

      ・・・

夜になり、

ひややかな 風が ふき はじました。

満月の ひかりを あびて

少年は、風を さぐり あてようとします。

そのとき、

突然、

西風号は ぐらぐら と ゆれはじめるのです。

へさきに あたる 水音が 

おおきくなり、

はじける 波の しぶきが 風に まじるようになりました。

そして・・・・

へさきが うかび あがり

西風号は 水面を 離れ

空を 飛ぶのです。

     ・・・

ヨットが、

かもめのように 

夜空を ゆっくり 飛んでいきます。

現実には ありえない 不思議なこと。

でも、

その不思議を 

読者は 信じ、

幻想的な 世界へ 飛翔するのです。

現実から 非現実へ せりあがる プロセスが みごとです。

リアリティのある  細部が ファンタジーを 創造します。

     ・・・

※ 『 西風号の 遭難 』  クリス ・ ヴァン ・ オールズバーグ作、 村上春樹訳、

     河出書房新社  1985年発行

以下は、 私が読んだ、 オールズバーグの 作品です。

どれも おすすめの 作品ですが、 わたしは、『 ハリス・バーディックの謎 』 に

魅かれました。

image

 『 魔法のホウキ 』

 『 名前のない人 』

 『 まさ夢いちじく 』

 『 ベンの見た夢 』

 『 急行 「北極号」 』

 『 ハリス・バーディック の 謎 』  ( 以上は、村上春樹訳 河出書房新社 )

 『 ジュマンジ 』  ( 辺見まさなお訳、ほるぷ出版 )

 『 ザスーラ 』  ( 金原瑞人訳、ほるぷ出版 )

 『 2ひきのいけないアリ 』  ( 村上春樹訳、あすなろ書房 )

  『 魔術師 アブドゥル・ガサツィの 庭園 』 ( 村上春樹訳、あすなろ書房 )

SHARE