ふるはしかずおの絵本ブログ3

『三びきのこぶた』―なんと ふてぶてしい こぶたでしょう

image

『 三びきのこぶた 』 の絵本は数多くありますが、 瀬田貞二訳、 山田三郎画の福音館書店の絵本は、 イギリス民衆の生活の厳しい現実が反映しています。

      ・・・

三びきのこぶたが、
家を出ることになったのは、 こんなわけでした。

      ・・・

おかあさんぶたは びんぼうで、 こどもたちを そだてきれなくなって、じぶんでくらしていくように、 三びきをよそにだしました。

     ・・・

生活の貧しさという現実を、ここに見ることができます。

そして、 この後どうなるかは、 みなさん、 よくご存知のことと思います。

 

ところで、

三番目の、こぶたのことです。

れんがの家を建てて、 おおかみを追い払う、 かしこいこぶたのイメージがつよい

人物ですが、 こんな場面があります。

            ・・・

      「ねえ、こぶたくん。おれは、とても いい かぶばたけの あるところ、しってるぞ」

      「どこだい」

      「ごんべさんの うらだよ。よかったら、あしたの あさ、さそいにくるよ。いっしょに とりに いこうよ 」

      「よしきた、ぼくも いくよ。・・・」

  ・・・

ごんべさんの 作っているかぶを 盗みに でかける おおかみとこぶたです。

なんと、 ふてぶてしい人物たちでしょう。

 

 そして、
おおかみと6時に起きて、 かぶを盗みにいく約束をしますが、 こぶたは、 先回りして、 おおかみをだしぬく、 ずるさももっています。

        ・・・

今度は、
りんごの木のあるところを知ってるぞ、 とおおかみは誘います。

5時のところを、 今度は4時に出かけ、 出し抜こうとしますが、 りんごの木に登ってるうちに、 おおかみがやってきてしまいます。

この危機を、 こぶたはどのように乗りこえるのでしょうか。

りんごをひとつ遠くにほうり、 おおかみがひろいにいってる間に、
「 いそいで にげかえりました。」

機転をきかせたアイディアで、 この危機をのりこえます。

 

最後は、
おまつりの場面です。

ここでも、 「 ばたーつくりの たる 」 に隠れて、 おおかみから難を逃れるのです。

 image

煙突からおりてきたおおかみは、 最後には、 なべのなかに、 どぼんとおちてしまいました。

そこで こぶたは、 すぐさま さっと、 ふたを かぶせ、 おおかみを ことことにて、 ばんごはんに たべてしまいました。

この結末を、 子どもたちはどのように評価するのでしょうか。

 

それから、 私事ですが、 保育園にかよっていたとき、 『 3びきのこぶた 』 のおおかみの役をやったことがあります。 3びきのこぶたの家は、 大型積み木でつくりました。 わらの家、 木の枝の家を、 おおかみの役のわたしが、 ふー、ふー、ふーっと吹いて、 壊すのです。 でも、 レンガの家は、 何度吹いてもダメ。

もう、 半世紀以上も昔のことですが、 はっきりと憶えています。 

          ・・・・・・

※『 三びきのこぶた 』 イギリス昔話 瀬田貞二訳、 山田三郎画 福音館書店  1967年

 

SHARE