ふるはしかずおの絵本ブログ3

『おじさんのかさ』-ユーモアの美

image

佐野洋子さんの絵本には   ユーモアが   あります。

『 おじさんの かさ 』 も そのひとつ。

        ・・・

 【前半】

おじさんは、 かさがぬれるので、  

雨の日に、  

かさを   

さしません。

雨が ふっているのに、 かさを かかえて、 でかけるです。

変な おじさん。

     ・・・

おじさんのかさは 「 りっぱな かさ 」。

「 くろくて  ほそくて、  ぴかぴか  ひかった つえのよう 」。

     ・・・

おじさんは、  かさを道具 ( 用 ) と してではなく、

美しく 立派なもの ( 美 ) と して みています。

でも、  かさは、  雨に ぬれないための 道具。

それが 常識。

おじさんの行動は、 常識とずれています。

そこに、おかしさ ( ユーモア ) が あります。

      ・・・

  【後半】

子どもたちが 楽しそうに 歌います。

      ・・・

  雨がふったら、  ぽんぽろろん。

  雨がふったら、  ぴっちゃんちゃん。

      ・・・

子どもたちの 歌に つられて、  

おじさんは、 思わず、 かさを  開いてしまいました。

そして、 かさを さして 雨の中に   入っていきます。

image

     ・・・

りっぱな かさは、りっぱなに ぬれていました。

おじさんは、 ぬれたかさを「 りっぱに ぬれて 」と 見ているのです。

ここも、ユーモア。

     ・・・

おじさんは、大真面目。

読者の常識との くいちがいが、  

ユーモアを 生んでいます。

常識とは 異なる言動をする 変なおじさん。

でも、

憎めない 人物です。

    ( どうして ? )

美しいもの、

素晴らしいものを

大事にして 楽しむ人物だからです。

自分にとって 価値あるものは、  

たいせつにして おきたいもの。

これは、だれもが持つ 心情です。

         ・・・・・

 ※ 『 おじさんの かさ 』  佐野洋子作・絵、 講談社    1992年

SHARE