ふるはしかずおの絵本ブログ3

『歯いしゃのチュー先生』-ネズミの歯医者に、キツネの患者

image

ウィリアム・スタイグの ユーモアあふれる作品です。

     ・・・

チュー先生は、

どんな虫歯も、  なおしてしまう ネズミの歯いしゃさん。

モグラとか 

シマリスとか

からだの 小さな かんじゃは、

いす 」にすわって、 ちりょうします。

     ・・・

おおきな かんじゃには、

ゆか 」に すわってもらい、

チュー先生は、 梯子にのぼります。

もっと もっと、 おおきな かんじゃは?

特別室で しんさつです。

クレーンで 宙づりになって。 ( ユーモア )

     ・・・

しかし、

チュー先生は、 ネズミです。

危険な どうぶつは、 ぜったいに、 うけつけません。

ネコや その他 きけんなどうぶつの ちりょうは おことわり。

     ・・・

ある日、

キツネが、  やってきました。

「 おねがいです!  すごく いたいんです!」

キツネは、  涙を  ポタポタ  ながしています。

でも、 キツネは  きけんな  どうぶつ。

さあ、

どうしたら よいのでしょうか?

チュー先生夫婦は、 なやんだすえ、

キツネを、 ちりょうすることに しました。

     ・・・

キツネは、

麻酔が きいて 夢心地のなかで、

ムニャ ムニャ、  なまで  たべると  おいしいな ・・・ しおを ひとふり、  それから ・・・ からくちの ・・・ 白ワイン

やっぱり、  キツネは  キツネです。

キツネの  むし歯をぬいて、

きょうの  ちりょうは  ここまで。

でも、

これから、  どうしたら  よいのでしょうか?

チュー先生夫婦は、  かんがえます。

それも、  一晩中。

     ・・・

キツネが、またやってきました。

ちりょうが  おわったあと、

永久に、 歯がいたまなくなる 新しいくすりが、 ありますが、

「 どうなさいますか 」 と  チュー先生。

「 もちろん!」キツネは 喜びました。

「 おねがいします 」。

どのような くすり なのでしょうか?

なにか しかけが ありそうです。

キツネは、 もう、 ふたりを  食べようと決心しています!

はたして、 結末は ?

このあとは、 絵本を、 ごらんください。

もちろん、

力の よわいものが、 つよいものを 知恵で負かす おはなしです。

     ・・・

※ 『 歯いしゃのチュー先生 』  ウィリアム・スタイグ作、 うつみまお訳  評論社 1991年発行

SHARE