ふるはしかずおの絵本ブログ3

『マーシャと くま』-スリルがうまれるわけ

image


ハラハラ ドキドキの 絵本です。

人物と 読者の 関係の

しかけが みごとです。

         ・・・

森の中で、迷ってしまった  

 マーシャ。

くまの家に 迷いこんでしまいました。

くまは、

ここで ずっと暮らすようにと、マーシャを おどします。

まわりは 森で、

どっちへ行ったらよいか、 わかりません。

道を 教えてくれる人も いません。

マーシャは、どうしたら、家に帰ることが できるのでしょうか。

          ・・・

     かんがえて、 かんがえて、

     マーシャは いいことを おもいつきました

          ・・・

マーシャは  

どのような計画を おもいついたのでしょうか。

マーシャは 知っているのに、

「わたし」( 読者 )は知らない という関係が、想像力を刺激します。

          ・・・

マーシャは、

おじいさんと おばさんのところに、

おかしを持っていって あげたいと 頼みます。

でも、

くまは

「 おかしを およこし わしがもって いってやろう 」 と言います。

 しかし、

マーシャは、くまの その言葉を まっていたのでした。

でも、なぜ?

image

マーシャは、おまんじゅうを作り、つづらのなかに入れました。
     ・・・

      とちゅうで つづらを あけたり しちゃだめよ。  

      かしのきに  のぼって  みはっているわ 

            ( この一言は、 おはなしの 伏線です。 )

    ( くまの驚きに リアリティを あたえます。)

            ・・・

マーシャは、 くまを おもてに出し、

そのすきに、

つづらのなかに、隠れました。

読者は マーシャと一蓮托生。

スリルと サスペンスの 読者の体験が 生まれます。

           ・・・

村にむかう とちゅうで、くまが、言います。

        ・・・

  きりかぶに こしかけて、 まんじゅうを たべよう

  すると、つづらの なかから、 マーシャが  いいました

       ・・・

  みえるわ みえるわ!

  きりかぶに こしかけちゃ いけないわ。

  おまんじゅうを たべちゃ いけないわ。

  もっていくのよ おばあさんに!

  もっていくのよ おじいさんに! 

      ・・・

歌うような 調子の リズムがあります。

そして、 息のつまる瞬間です。

 「 間 」を おきましよう。

       ・・・ 

このあと、 くまは・・・・・・。

やれやれ、 なんて  りこうなこだろう !  

よっぽど   たかいところに   のぼっているんだな !

         ( 「 かしのきに  のぼって みはっているわ 」 

              と言ったことが  ここで  活きました。 )

           ・・・ 

そして、

村にたどり 着いた くまは、

犬たちに 追い払われて、森へ にげていきました。

マーシャは、

 無事に、おばあさんとおじいさんのもとへ。

ふたりは、

マーシャを だいて ほおずりすると  

おりこうさんと、いいました

      ・・・

読者は、 

スリルを 感じながら、 おはなしに 自然と参加します。

マーシャは 知っているのに、 読者は 知らない、

くまは 知らないのに、 読者は 知っているという、

人物と読者の関係が、そのしかけです

         ・・・

※ 『 マーシャと くま』  E・ラチョフ絵、 M・ブラトフ再話  うちだりさこ訳  福音館書店 1963年

SHARE