ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 ぼちぼち いこか 』-ぼくは かばです。 関西弁を 話します。

image

体重の おもい かばくん。

かばくんが いろいろな仕事に 挑戦します。

でも みんな だめ。

 ( 想像つきますね。 )

    ・・・

はじめは 消防士。

   ぼく、   しょうぼうしに   なれる やろか。

   なれへん  かったわ。

     

つぎは、 船乗り。

    ふなのりは、 どうやろか。

   どうも こうも あらへん。

      

それから  パイロット

つづいて  バレリーナ

こりずに  ピアニスト

どうしても カウボーイ

ええーい  サーカスの綱渡り

それなら  飛び込みの せんしゅ

まだまだ  バスの うんてんしゅ

なんとまあ タイプをたたく ひしょ

あれあれ  宇宙飛行士

   でも、

  みんな ダメ。

     

それならと、

バンドで チューバをふくと ・・・

手品でも ・・・

さいごは、

ハンモックで ひとやすみ。

でも、

やっぱり ・・・

     ・・・

結果は いつも失敗。

ずっこけ。

そして、 最後に かばくんは こう思います。

 ま、 ぼちぼち いこか 

 と いうことや。

      ・・・

image

      ・・・

いいですね、

この絵本。  笑えます。

なにごとにも チャレンジする かばくん。

失敗に めげない かばくんです。

さいごまで 前向き。

笑いのなかに、

メッセージが、  ーあります。

     ・・・

それから、

見開きに、  かばくんの ビフォー、アフターが 描かれています。

ですから、

読むときは、

絵本を 折って、

おもてと うらを

転画するように 読むと よいと思います。

ふたつの 画面の落差に 笑いがうまれます。

     ・・・

※ 『 ぼちぼち いこか 』    マイク・セイラー 作、  ロバート・グロスマン 絵、  今江祥智訳、  偕成社   1980年

SHARE