ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 ふつうに 学校に いく ふつうの日 』- ふつうの 子が ふつうでなくなる 授業

image

ふつうの  男の子の  学校での 特別な一日です。

     ・・・

ふつうの  男の子が、

ふつうの  夢から  さめて、

いつもように、

ふつうの  服を  きて、

ふつうの  朝ごはんを  たべて、

ふつうの  歯を  みがいて、

ふつうの  学校に でかけました。

  ( 絵は モノクロ調。)

     ・・・

教室に はいると、

ぜんぜん  ふつうじゃないことが  おきたのです・・・・・

「 諸君、 おはよう ! 」

ぜんぜん ふつうじゃない ギー先生。

ギー先生は、 いいます。

音楽を きいて 

頭のなかに  絵を  思いうかべてごらん。

     ・・・

 ダダダダ  ドドーン、

 バーン、 ジャジャーン。

   ・・・

ふつうの  男の子は  いいます。

  先生、 ゾウがみえました、 何百頭も !

     ・・・

 こんどは、思いうかべたことを ことばでかいてくれるかな。

     ・・・

ふつうの  男の子は  書きはじました。

いいたいことが  いっぱい です。

ことばが  洪水のように  でてくるのです。

・・・ことばはいまや、 男の子の おもちゃでした。

     ・・・  

象の  背中にのったり、

イルカに  つかまって  海にもぐったり、

鳥と  いっしょに  空をとんだり、

想像は  どんどん  広がります。

ふつうの  男の子は  すっかり  夢中。

 ( ギー先生の登場から、 絵は、色彩ゆたかに なっていきます。 )

    ・・・

その夜、

ふつうの  男の子は、

ふつうの  パジャマを  きて、

ふつうの  歯を  みがいて、

ふつうの  ベッドにはいって  ねむりました。

でも、

ぜんぜん  ふつうじゃない  夢を見たのです・・・・

     ・・・

ギー先生は、 音楽から、 イメージを創造し、

ことばで  表現してごんなさい、

といっただけ でした。

でも、

そのことで、

ふつうの  男の子は、 

目覚め、

おはなしを  創造したのです。

そして、

自分のなかに、

おはなしを  創造する力があることに  気づいたのです。

     ・・・

※ 『 ふつうに 学校に いく ふつうの日 』  コリン・マクノートン作、 きたむらさとし絵、 柴田元幸訳、 小峰書店   2005年

SHARE