ふるはしかずおの絵本ブログ3

『ちょっとだけ』-なっちゃんのゆれる心

image

なっちゃんの家に 赤ちゃんが、 うまれました。

ママは、 赤ちゃんに かかりっきり。

「 ちょっとだけ 」 かまってほしいのに。

「 ちょっとだけ 」 の表現に、

なっちゃんの ゆれる心が、 見えます。

健気な なっちゃん。

     ・・・

おかいものに  いくとき、

なっちゃんは ママの スカートを 

 “ ちょっとだけ ”  つかんで あるきました。

     ・・・

ぎゅうにゅうを コップに  いれようとして、

 “ ちょっとだけ ”  いれることが  できました。

     ・・・

パシャマに  きがえるのも、

かみのけを   むすぶのも、

「 あかちゃんって  かわいいでしょう?」 と言われても、

ブランコに  のっても、

 みんな ちょっとだけ。

image

 ねむたくなったとき、 なっちゃんが  いいました。

  「 ママ、 “ ちょっと だけ ”   だっこして・・・・・」

  「 ちょっと だけ? 」

   ママが なっちゃんに  ききました。

  「 うん、 “ ちょっと だけ ”  で いいから  」

   なっちゃんは  ねむい  めを

   こすりながら、  いいました。

・・・

この後の  ママのことばが  すてきです。

  「 “ ちょっと だけ ”   じゃなくて   いっぱい  だっこ
   したいんですけど いいですか?」

   ママは  やさしく  わらって、  もう いちど  ききました。

  「 いいですよ! 」

   なっちゃんも  にっこり  わらって  いました。

     ・・・

なっちゃんの  心のうごきに、  読者は   共感します。

おねえさんに なったことで感じる  せつない気持ち。

おかあさんさんに 甘えられない さびしさ。

でも、

それを   乗りこえようとする 

健気な  なっちゃん。

やさしく見守る おかあさん。

絵は、なっちゃんと おかあさんの  イメージに ぴったり。

     ・・・

子どもを抱きしめる   おかあさんの絵。

読者も  温かい気持ちになります。

おかあさんとの 絆の   たいせつさ

なっちゃんは 女の子です。

でも、

なっちゃんのことは、 男の子にも   あてはまります。

      ・・・

※ 『 ちょっとだけ 』   瀧村有子さく  鈴木永子え  福音館書店 2007年発行

      ・・・

【追記】

『 ねえ だっこして 』 ( 竹下文子作、 田中代絵、 金の星社 ) は、 大好きなお母さんに 赤ちゃんが 生まれて、 すこしさびしい気持ちを ネコの視点から描いた作品です。 だっこして ほしい気持ちと、 我慢する気持ち。 なっちゃんの世界と かさなります。 田中清代さんは、 『 気のいい火山弾 』 を描いた人です。

image

SHARE