ふるはしかずおの絵本ブログ3

『絵本ことば あそび』-ちょっと おしりを ヒヤシンス!

image

3歳に なった頃、ことばに  関心を 示し始めた息子は、

『絵本ことば あそび』なかの この語呂合わせを  非常に喜びました。

体を 「 く 」  の字に まげながら、

右手を おしりにあてて、

「 ちょっと おしりを ヒヤシンス 」

と得意になって 言ったものでした。

 

  むこうの  かどを  マーガレット!

  やさしく  せなかを  ナデシコ

  いもうと  かわいい  アネモネ

  おったのは  ダリア ・・・ ? 

  それから  あめが  フリージア

  ちいさい  かびんじゃ  アマリリス

 

面白がって、何度も何度もくりかえす 子どもを見て、

「 この子も ことばあそびをするまでに なったのか 」と

感慨深く思ったものでした。

         ・・・・

それから、

図書館で「 ことばあそび 」 の絵本を 捜してみました。

意外に、数多くの 楽しい絵本のあることに、気がつきました。

実際に、読んでやった絵本です。

 

『 これは のみの ぴこ 』 谷川俊太郎作、 和田誠絵、 サンリード

『 ままです すきです すてきです 』 谷川俊太郎作、タイガー立石絵、福音館書店

『 もこ もこ もこ 』 谷川俊太郎作、 元永定正絵、 文研出版

『 かっき くけっこ 』 谷川俊太郎作、 堀内誠一絵、 ひかりのくに

『 あいうえ おうさま 』 寺村輝夫作、 和歌山静子絵、 理論社

『 もけら もけら 』 山下洋輔作、 元永定正絵、 福音館書店

image

これらの絵本以外に、

多田ヒロシ

松岡享子

馬場のぼる

まど・みちお

岸田衿子

川崎洋  

さとうわきこ  

角野栄子らの作家に、 すぐれた ことばあそびの

絵本が あることを知りました。

2歳から4歳にかけての子どもは、言語のリズムや韻に対して、好んで  

耳をかたむけると よく言われます。

ロシアの児童文学者 チュコフスキーは、こう言っています。

 

「 人生の はじめの わたしたちは  みんな詩人なのです。散文で 

  しべることは、その後で 少しずつ おぼえていくに すぎません 」

                              『 2歳から 5歳まで 』  樹下節訳、 理論社

 

また、詩の音楽性と韻律に対して愛着を示す 子どものこの「 詩的段階」を、教育者は大いに活用すべきであるとも言っています。

ことばや 文や 文章の

響き、

調子、

リズム、

抑揚など、

おもしろく、豊かなことばの体験を、いっぱいしてほしいものです。

ことばを、ご飯のように食べ、おもちゃのように遊ぶ、豊かなことばの体験が、日本語に対する感覚や感性を育てる のではないでしょうか。「 ことばあそび 」の絵本は、そのためのすばらしい題材のひとつです。

          ・・・・

※『 絵本ことば あそび 』 五味太郎作、 岩崎書店  1982年

 

SHARE