ふるはしかずおの絵本ブログ3

『ころ ころ ころ』-ことばは音声のなかで生きてくる

image

いろだまが ころ ころ ころ

あか

あお

くろ

みどり

きいろ

むらさき・・・

さまざまな いろの 玉が ころがります。

     ・・・

かいだん みちを  ころ ころ ころ

あかい みちを  ころ ころ ころ

でこぼこ みちを  ころ ころ ころ

坂みちで 落ち

あらしの みち

山みち

すへりだい

ころ ころ ころ ころ  ころがって

さいごは

しゅうてん

     ・・・

1歳から  たのしめる  絵本です。

子どもは うごくものが 大好き。

目で 追いかけてみましょう。

ほんとうに 動いているようです。

image

ころ ころ ころの 音を つくって みましょう。

ころ ころ ころの 音のイメージは、

なんだか、

明るい感じです。

でも、ところに よっては 暗い感じも。

ころ ころ ころの 心地よい リズムとテンポ。

ゆっくりした テンポ

はやい テンポを

場面によって 使いわけてみます。

     ・・・

また、 ころ ころ ころの  調子を  かえてみましょう。

ちからづよい

しずかな

たのしい

うきうきした

かなしい

たかい

ひくい、  ちいさい、  おおきい、  はげしい 声で・・・

読みかたりの  たのしい  絵本です。 

     ・・・

かいだんを  くだる  玉。

おちてしまう 玉。

嵐で 舞い あがる 玉。

すべりだいを ころがる 玉。

元永定正さんの 絵も おもしろい。

image

さいごは?

「 しゅうてん 」 。

はっきり とした  結末です。

さまざまな  経験をする  いろだまのすがたは、

おとなの  目から  看ますと、

終点に むかう

人生そのものです。

     ・・・

※ 『 ころ ころ ころ 』 元永定正作、 福音館書店 1984年発行

SHARE