ふるはしかずおの絵本ブログ3

『きんぎょが にげた』-きんぎょを 指さす 子ども

image

1歳ごろから、

子どもは、 興味のある ものや

ほしいものに、 指さしを するように なります。

絵本に 興味を もちはじめるのも、

このころだと 

いわれています。

『 きんぎょが にげた 』 は、

指さしの はじまる 1歳ごろからの 絵本です。

     ・・・

きんぎょばちから、 きんぎょが にげました。

どこに いった のでしょうか?

カーテンの 水玉模様の なかに います。

つぎは、

アメ

イチゴ

テレビ

おもちゃ

三面鏡

池のなか。

     ・・・

 ここ !

 これ !

 あれ ?

 いた 

子どもは、きんぎょを 見つけて おおよろび。

さがし あてて、 意気揚々。

最後の 池のなかが、 いちばん むずかしいところです。

にげた  金魚は?

( ヒントは、 きんぎょの 目です )

image

 

きんぎょは、 どこいるのかな ?

うれしそうに、 指さす  子ども。

子どもと  おはなししながら、  読んで みましょう。

子どもたちは、

もう、

ものごとを  くらべ ( 比較 ) 、

おなじところ ( 同一性 ) と  

ちがうところ ( 差異性 ) を みる見方を 身につけているのです。

      ・・・

※ 『 きんぎょが にげた 』   五味太郎作  福音館書店  1982年

SHARE