ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 めっきら もっきら どおんどん 』-かんたと いっしょに ファンタジーの 世界へ

image

ファンタジー絵本の 傑作です。

     ・・・

あそびに  きたのに  だれもいません。

しゃく だから、

かんたは  大声で  うたを歌いました。

     ・・・

    ちんぷく  まんぷく / あっぺらこの  きんぴらこ / じょんがら  
  ぴこたこ /めっきらもっきら どおんどん

     ・・・

すると、

かぜが 

   どどーっ と  ふき、

穴の  なかから、

奇妙な  声が  きこえてきました。

     ・・・

かんたが  のぞきこんだ  とたん -

     ひゅうっと 

すいこまれて  不思議な世界へ。

やって きたのは、  3人の  おばけ。

   もんもん びゃっこ

   しっかか もっかか

   おたから まんちん

     ・・・

かんたは、 3人の  おばけと  楽しくあそびます。

モモンガーごっこ

おたから  こうかん

なわとび

空とぶ  あそび

おもちの  なる木を  見つけて、  食べたりもします。

     ・・・

image

     ・・・

しかし、

かんたは、

ひとりで、 つきを   見ているうちに、

心細く  なってきました。

「 おかあさーん 」。

そのとき、

光が  さしこんで、

かんたの からだは、 くる  くる  くる  くる ・・・

もとの  現実の世界へ。

そして、

おかあさんの声。

「 かんちゃーん、 ごはんよー 」。

     ・・・

不思議な世界の  冒険です。

すこし  こわいけれど、  魅力的な人物たち。

おはなしの  展開の  はやさ。

リズム感の  ある文章。

動きの  ある絵。

構成の  巧みさ。

うた。

ユーモア。

遊ぶこと、  食べること。

そして、  おかあさんの  よび声。

「 きみなら おもいだせるかな ?」 と呼びかける   語り手。

子どもを ひきつける魅力が いっぱいのファンタジーです。

      ・・・

※ 『 めっきら もっきら どおんどん 』   長谷川摂子作、 ふりや なな画、  福音館書店  1990年

SHARE