ふるはしかずおの絵本ブログ3

『あなたのはな』-かがくの絵本は、おもしろい、ためになる

0009

すてきな科学の絵本です。 

鼻のはたらきが、わかりやすく説明されています。

    

 匂いで ものがわかる

 鼻の働きで 味がよくわかる

 鼻からすった空気を きれいにしたり あたためたりする

        

鼻の働き (機能)が、
読者に疑問を投げかけながら、

対話的に 説明されています。

           ・・・

「 認識するためには 実践が 必要であるというのが、  この本の いちばん肝心なところです 」 と 訳者の 松田道郎さんは、 解説のなかで 強調されています。

 読み終わって、 「 なるほど 」 と うなずかせる説得性が あります。

           ・・・

本文に 「 味 」 と 「 鼻 」 の関係について、 このような文があります。

「 鼻を つまんだとき  味は わかるのだろうか 」 というのです。

いろいろな ジュースを 飲んでみます。

オレンジ、

レモン、

グレープ、

トマトのジュースの実験です。

      

鼻をつまんで、 ジュースを飲んでみます。

匂いがしないと 味は どう変わるのでしょうか。

 「あじは だいぶ なくなってしまいます。」

 「あじは  あまり わからなくなります。」

 「はなの はたらきで あじが よくわかるのです。」

はっきりと 確かめられたところは 断定していますが、

そうでないところは、 このように 確かさの度合いを きちんと 表現しています。

           

 条件を限定した実験・観察の手続き、

 鼻の機能にしぼった説明、

 仮定の方法による説明の仕方

      

もし, 風邪をひいて鼻が十分はたらかないと、匂い、味、発音は

どのようにかわるのかなど、作者のシャワーズさんの 説明のしかたや 文章の運び方に 感心しました。この絵本は、現在、書店で購入することは できないようですが、 お近くの図書館にはあることでしょう。

     ・・・

※『あなたのはな』 ポール・シャワーズぶん、 ポール・ガルドーンえ、 松田道郎やく  福音館書店  1970年

 

 

SHARE