ふるはしかずおの絵本ブログ3

『こいぬのうんち』-うんちのおはなし?

image          

今回の絵本は、

 韓国の 『 こいぬの うんち 』 。

「 うんち 」 の 絵本ですが、 とても すてきな おはなしです。

      ・・・

こいぬが 残した 小さなうんち。

「 うんち!   きったねえ 」。

「 ぼくは うんちだって?  ぼくは  きたないん だって? 」

泣きだした うんちを見て、

土くれが 笑いました。

「 うんちを うんちと いわないで、 なんと いうんだよ 」・・・

      ・・・

誰の役にも 立たない、 

つまらない存在と 思っていた うんち。

      ・・・

しかし、 

たんぽぽと 出会いました。

たんぽぽは 言います。

きれいな花を 咲かせるのには、  

あなたに こやしになって ほしいの、

私のちからになって と。 

こいぬの うんちは

うれしくて うれしくて 

たんぽぽのめ を ぎゅっと抱きしめました。

      ・・・

雨にうたれ、 

 こやしになった こいぬの うんちは、

たんぽぽの茎を のぼり、

そして、

たんぽぽは、 つぼみをつけたのでした。

春のある日、 きれいに咲いた たんぽぽ。

      ・・・

      やさしく ほほえむ たんぽぽのはなには、 

      こいぬの うんちの あい が   

      いっぱい いっぱい つまっていました

      ・・・

1969年、

キリスト教児童文学賞を 受賞した 童話からうまれた 絵本です。

この絵本を 読んで、 聖書のことばを 思いだしました。

      ・・・

      一粒の 麦、  もし 地に 落ちて 死なずば、  

   ただ一つにて あらん。  

      死なば  くの 実を 結ぶべ し。    

              『 ヨハネ伝 』 第12章 24節

      ・・・

うんちは、 こやしとなり、

たんぽぽの花を 咲かせる 助けとなったのでした。

支えあう ふたり。

愛にもとづく行為には、 むだがありません。

「 うんち 」 を題材とする

おはなしにとって 大切なことは、

どのような テーマなのか、

どのような  考えで書かれているのか、

そして、

表現の ユーモア であるように 思います。 

      ・・・

※ 『 こいぬのうんち 』  クオン・ジョンセン文、 チョン・スンガク絵、 ピョン・キジャ訳、 平凡社   2000年  (2013/12/5)

SHARE