ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 空とぶ  ライオン 』- ライオン の 悲喜劇 です

333


ライオンの すがたを 

かりた 人間の おはなし。

  ( おはなしって、みんな そうですけど。 )

     ・・・

ウォー

ライオンは、

いさましく ほえると、

地面を けって 

空を 

かけのぼり、とびあがって、 

えものを とりに いきます。

そして、

しんせきの  

ねこたちに、ごちそうを するのです。

     ・・・

    ほうっ、

    さすが ライオンだ 

    と ねこたち。

    ・・・

ねこたちは、まいにち やってきます。

ある日、

ライオンは、つかれはて、

きょうは ひるねが したいんだ 

でも、

ねこは、わらい ころげます。

    ・・・

   しかたなく、

   ライオンも、

        あ は は は ・・・・   

   (  悲しい 笑い。 )

        ・・・ 

image

      ・・・

その 夜、

ライオン は、つかれたと いって、

さめざめと なきました。

     ( 悲しい ところですが、おかしい )

そして、

ライオン は、たおれ、

きんいろの いしに なってしまいます。

      ・・・

何百年後 も

ライオン は、  

きんいろの いしのまま。

そのとき、

「 これは なに ? 」

「 どうして ねて いるの ? 」 の 声。

      ・・・

image

      ・・・

それを 

きくと、

きんいろの いしの ライオンは、

ぶるぶるっと みぶるいし、

ウォー と ほえ、 

じめんを けって、

空に かけあがって いくのです。 

      ・・・

期待に こたえようとして、がんばりすぎる ライオン。

よわみを みせられない 

ライオン( 人間 )。

  ( 悲喜劇ですね。 )

その結果、

くるしい 立場に。

気の毒ですが、おかしい。

わたしたちも、

このライオンと 

同じようなことを しているのかもしれません。

     ・・・

※『 空とぶ ライオン 』 佐野洋子 作・絵、  講談社  1993年

 佐野洋子さんの絵本は、以前このブログで、『 おじさんの かさ 』( 講談社 )を紹介しました。 また、『 百万回 生きた ねこ 』( 講談社 )もすてきな作品です。

SHARE