ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 真昼の夢 』- 身近な世界から 異次元の空間へ

874


リアルな描写が、

ありえない世界を うみだす!

  ( もう びっくり ! )

     ・・・

どの絵も 

身近なものから 

異次元の空間へ

現実 と 非現実が 

ひとつの画面に とけあい、

ひろがっていきます

       ・・・

      はじめのページ は、

      橋が   いつのまにか   帆船に

      つぎは、

      水にうつる 木を のぼる と・・・

      ほんものの 木に。

     ・・・ 

      つぎのページは、

      なんと、

      橋脚が にんげんの曲芸で つくられて います !

image

        こんどは、

        あおい 風船が   

        あおい 空を つくる ?

     ・・・

       つづいて、

       木のうえに ある家が 

       地面にも つながっている。 

       ぶらんこは 空たかく まいあがる ?  

       ほんとうの 空へ・・・

     ・・・

    空までとどく つみき ?

       ジグソーパズルの なかの  

       ジグソーパズル・・・

    地図の  はしから   空へとぶ・・・

       図書館の ドアから  

       おはなしの世界へ・・・

   ( これは なんとなくわかります。 )

     ・・・

じっと  

絵を 見ていると 

こわくなってきます。

想像力を かきたてられる 絵本です。

そして、   

不安感も。

大人向けかもしれません。

     ・・・

※『 真昼の 夢 』 セーラ・L・トムソン作、   ロブ・ゴンサルヴェス絵、  金原瑞人訳、  ほるぷ出版  2006年

セーラ・L・トムソン作、  ロブ・ゴンサルヴェス絵、  金原瑞人訳の絵本には、『 終わらない 夜 』 ( 2005年  ほるぷ出版)、  『 どこでもない 場所 』 ( 2010年 ほるぷ出版 )が あります。 どちらも、現実と非現実が 一体になった世界をえがいた絵本です。

SHARE