ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 猫 と 悪魔 』- 機転を きかせて 悪魔を 逆転です
image


『 ユリシーズ 』の作者、ジェイムズ・ジョイス( 1882年 ~ 1941年 )が、孫に書きおくった おはなしです。翻訳は丸谷才一さん。

でも、翻訳は歴史的 假名づかひ です。  

 ( 絵本で  ですか ? )

ええ。紹介は、現代仮名遣いでしますね。 

     ・・・

ボージャンシーは、ロアール川の岸辺にある町。

そして、ロアール川は、とても ひろい川でした。

でも、橋がなかったので、人びとは 舟に乗って 川を渡らなければなりませんでした。

        ・・・

悪魔 は 

いつも 新聞を よんでいたので、

ボージャンシーの 人たち が、

橋がなくて、こまっていることを知っていました。

悪魔は言います。

橋を かけて あげましょう

 (  で、条件 は ? )

一番はじめに、橋を渡るものが、わたしの家来になること

     ・・・

市長は 応じ、

悪魔は 橋をかけます。

でも、だれが さいしょに わたるのでしょうか ?

 (  だれも わたりませんよね。 )

だつて こはいもの 。

 (  歴史的假名づかひ !  あれ ? )

      ・・・

市長 は、ねこを抱いてやってきました。

 (  なんとなく、わかります、結末。 )

市長は、バケツの水を ねこに     

ザブリ !

      ・・・

ねこは、  

橋を わたり、

悪魔の うでに とびこみました。

 (  やっぱり ! )

image

結局、家来になったのは ねこ

それから、この町の人たちのことを「 ボージャンシーの 猫 」というのです。ねこが登場するあたりから、結末が わかっているのですが・・・

わかっていても、読みたくなる おはなしです。語り口がおもしろく、間がいきています

     ・・・    

※『 猫 と 悪魔 』  ジェイムズ・ジョイス 作  ジェラルド・ローズ 絵   丸谷才一 訳   小学館   1976年

【 追 記 】

丸谷才一さんの 翻訳方針は、 歴史的假名づかひを 採用し、 漢字を大いに使い、 分かち書きを おこなわない主義です。 「 これぢゃあ、 仕方がないでせう 」 「 かはいい猫 」 「 遊んだりしてゐます 」。 こんな調子です。 また、 ジェラルド・ローズの絵も いいですね。 入手が むずかしい絵本ですが、 公立の図書館には あるかもしれません。

SHARE