ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 海と 灯台の本 』 - 子ども たちよ 灯台のようで あれ !

image

1927年の  ソビエト絵本 です。

     ・・・

   子ども たちよ 

       灯台 のようであれ !

           く らやみ で  航海できない 人たちの ために 

               明 りで   行く手を   照らすのだ !

      ・・・

20世紀の ロシアを 代表する

詩人、 マヤコフスキーが、

子どもたちに 託した 希望です。

           ・・・

     夕ぐれも、

           夜ふけも、

     航海は 

         とても  むずかしい。

      ・・・

あらしの なかを 航海する 船。

双眼鏡を のぞいても、

海岸さえ みえないのです。

波が うねり、 うずを まけば、

船は、てんぷくです。

      ・・・

そのとき

灯台の 赤いひかりが とどきます。

     「 ここは   しずかだ

        船よ   みんな 

           こっちへ    進め ! 

           と、 告げています。

灯台員は、

夜も ねむらず、   

明りを ともしました。

      ・・・

そのおかげで、

船は

無事に

港へと かえって いくのです。

そして、

冒頭のことばです。

      ・・・

荒れくるう 海とは 人生そのもの。

船は わたしたちの たとえ。 

いきることの 意味、

なにが たいせつな ことなのかを

マヤコフスキーは、

ちからづよく つたえます。

     ・・・

かれは、 

創作を通して、

ロシア革命後の、 

あたらしい社会の 建設を よびかけましたが、

1930年 4月、

みずから 命を 絶ちました。

画家の ポクロフスキーについては、 情報が乏しく、 錯綜しています。

生没年も 不明です。

このことは、

「 アヴァンギャルド芸術への 弾圧の 時代の 象徴 」( 松谷さやか )でした。

      ・・・

※ 『 海と 灯台の本 』   マヤコフスキー文、   ポクロフスキー絵   松谷さやか訳、  新教出版社    2010年

SHARE