ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 木は いいなあ 』- 木の見方がかわります
image


原題は  A TREE IS NICE

ずばり、

木の ある生活の すばらしさをえがいています。

      ・・・

木は     

川べり、

たにそこ、

おかのうえにも はえる。 

たくさん はえると 森になる。

いつも いきいきしている。

夏、

はっぱは そよかぜの なかで、

ひゅる ひゅる ひゅる-っ と

くちぶえを ふいているよ

     ・・・

秋、

落ち葉で遊ぶ。

たきび。

木に登ると  

とおくのほうが 見える。

木のうえで、考えたり、かいぞくごっこもできる。

りんごを とったり、

ぶらんこをつけて 遊ぶことも。

     ・・・

image

     ・・・

木は こかげをつくってくれる。

嵐から まもってくれる・・・

だから、

木をうえると いいよ

     ・・・

どこにもある 木

あそんでくれる 木

みのりをわけてくれる 木

やすらぎをあたえる 木

わたしたちを守る 木

いつも見ているのに

木の大切さに 気づかなかった    

わたしたち。

木の見方が かわります。

   ( なんだか、木が、人間に見えてきました。 )

      ・・・

image

      ・・・

※『 木は いいなあ 』     ジャニス・メイ・ユードリー 作、      マーク・シーモント 絵、     西園寺祥子 訳      偕成社     1976年

【 追 記 】

1957年の コルディコット賞受賞作品です。 

絵のなかに描かれた遊びや 生活、動物、季節が、絵にうごきと活気をあたえています。 木は動きません。ものをいいません。そこにあるだけです。 でも、それが、私たちにとって大切なことなのです。

SHARE