ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 世界に パーレ ただひとり 』  -世界に、あなた、ひとりだけだったら。

image


せかいに ひとりだけに なったらという、

ファンタジーの 絵本です。

       ・・・

パーレが、

朝、おきると、

もう 、お日さまが かがやいています。

しかし、

どこにも、

誰も いません。

家にも、  

 町にも、  

誰も いないのです。

世界に パーレ ただひとりです。

       ・・・

バーレは、何だって できるのです。

お菓子や くだものを いっぱい たべたり、

バスや 消防自動車に のったり、

テニスのラケットや 飛行機のおもちゃだって。

「 はいるな 」という芝生だって へっちゃら。

叱るひとは いません。

     ・・・

そして、

なんでも 自分のもの

パーレは、欲望のままに 自由に ふるまいます。

        ・・・

しかし、

おはなしの 後半では、「 世界に パーレ ただひとり 」という状況が、まったく ちがった意味をもってきます。

ひとりでは、

シーソーに のれません。

映画を うつしてくれる人も、

料理を つくってくれる人も   

いない!

       ・・・

やっぱり、せかいじゅうに ひとりだけでは つまらない 

と、語り手は 読者に語りかけます。読者も なるほどと思うことでしょう。さいごは、おともだちと遊ぶ パーレです。

      ・・・

 ほら、もう こうえんで おともだちと あそんでいますよ。 

 たのしそう ですね。

     ・・・

それは、

パーレが、いちばん のぞんでいたことです。

おはなしは、

パーレの 欲望を 肯定しながら、

最後に、

みんなといっしょに 暮らすことの 

大切さや楽しさが わかるようになっています。

このドラマづくりは みごとです。

        ・・・

ところで、「 せかいに パーレただひとり 」は、夢物語でした。パーレが、 朝、 ベッドで 目をさますこと自体が、夢なのでした。夢のなかの世界とは 気がつかずに、はじめから、読者は、空想の世界に すっぽりとはいってしまうのです。たくみな手法です。そして、この夢( 絵本の世界 )のなかで、パーレも、読者も、大切なことを体験しました。絵本を読むことの意味についても、教えてくれています。

        ・・・

※ 『 世界に パーレ ただひとり 』   イェンス・シースゴール作、  アンネ・ウンガーマン絵、  山野辺五十鈴訳、  偕成社  1978年

SHARE