ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 ロバの ロバちゃん 』- ありのままの 自分ってすばらしい

1
ありのままが すてきなロバの ロバ ちゃん !
でも、
     ・・・
ある日、
ロバちゃんは、考えます。
     
 パットくん(うま)は みみが みじかくて、すてきだな。
 ぼくは みみが ながくて ばかみたい。

     
いぬの へクターくんに 相談です。
へクターくんの アドバイスは?
耳って ものは ・・・ たらしておくものだよ 。
ロバちゃんは、耳をたらして 元気になりました。
でも、
みんな げらげら。
2
つぎは、
こひつじの ムクちゃん
耳を 横にと アドバイス。
なーるほど。
でも、小屋に入ろうとすると、
横に ひろい耳が じゃま。 釘がささって けが。
     
つぎは
ぶたの ローザおばさん。
耳を 前向きにと アドバイス。
でも、上にあるものが 見えません。
やっぱり、失敗。
     
さいごは、すずめの ダニエルくん
きみは ロバだ。
ロバらしく 耳を ぴーんとたてとけよ。
3
ぴーんと 
耳をたてたロバくんに、女の子が言います。
「 かわいいロバちゃんね。 おみみが とっても すてき ! 」
それから、
ロバちゃんは、いつものロバちゃんに なりました。
     ・・・
ロジャー・デュボアザンの ユーモラスな おはなしと絵。
おはなしで 笑えます。
絵で 笑えます。
でも、自分の容姿を気にしている子もいるでしょう。
ロバちゃんのように、ありのままが 一番です。
     
 これでいいの 自分を好きになって ♪
 これでいいの 自分を信じて ♪

   「 Let It Go ~ ありのままで~ 」日本語詞:高橋知伽江
   
※『 ロバの ロバちゃん 』 ロジャー・デュボアザン作・絵、 厨川圭子訳、 偕成社  1969年 (2016/4/15)

SHARE