ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 ハルばあちゃんの 手 』- 戦前・戦中・戦後を 生きた女性の 人生
image


絵本で、

ハル ばあちゃんの     

生涯を えがきました。

ハルは 

うみべの   

ちいさな むらに      うまれました。

ほくろの ある 手

器用な この子は、幸せになる 

と みんな いいます。

        ・・・ 

予想通り、

ハルは 小学生に なると、

おりがみ、

おてだま、

あやとり、

      ・・・

  手を つかうことなら、

  誰にも   まけない   おんなのこに

      なりました

      ・・・

しかし、

15のころ、

戦争 で     とうさん が      死にました。

かあさんも びょうきで なくなりました。

     ・・・

ばあちゃん、

いもうと、

おとうとを やしなう ハル。

必死に はたらく ハル。

そのような ハルの     

ただ ひとつの たのしみは、

年に いちどの 盆おどり。

ハルの 

うつくしい 顔や  

てぶり が   

みんなの 目を ひきます・・・・。

     ・・・

 かなしみを おさえる 

 地引網を ひく  手

 わら草履を あむ 

 盆おどりを おどる 

 結婚し、

 ケーキを つくる  手

 年老いた ハルの

 盆おどりを まう  手・・・

     ・・・

最後に、

ハルは 

なくなった 夫の遺影に かたります。

     ・・・

       ユウキチさん、  

       わたしは あんたの おかげで  

   ずっと    しあわせだったよ 。

1

激動の時代を いきぬいた 

ハルと

夫婦の愛を

おだやかな 文体と、

モノクロの えんぴつ画で えがきました。

ハルの人生が、大河のように ながれています。

     ・・・

※『 ハル ばあちゃん の 手 』 山中 恒 作、 木下 晋 絵、 福音館書店 2005年  小学校高学年から 大人まで。

SHARE