ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 グーテンベルクの ふしぎな機械 』- 世界の歴史をかえた機械
image


1450年ごろ、

ドイツの マインツ市に

ふしぎなもの が登場しました。

     ・・・

いきなりですが、

なぞなぞです。

    ( じっさい 絵本は なぞなぞ仕立てです )

     ・・・

  ぼろきれと 骨、

  まっ黒なススと 

  植物の種から できていて、 

  茶色のコートを 身にまとい、

  金が ちりばめられている。

  それを 作るには、

  鉛と錫、

  じょうぶな オークの木材が 必要

   なーんだ ?

    ( 答えは 最後に )

            ・・・

つぎの問題です

     ・・・

      ぼろきれを

      きりきざみ

      あらって

      水車のちからで たたいて ほぐし、

       ドロドロに。

      すのこで すくいあげ、

       うすい シート。

       さらに、

       糊に ひたし

       おしつぶし、 

       乾燥させると・・・

     パリパリ、 カサカサ。

     なーんだ ?

         紙でしょ 

          ( 正解 ! )

     ・・・ 

つぎの問題 は、 

もう答えを 言ってしまいます。

      革。

      金箔。

      インク。

      活字。

      印刷機。

      で、 

      それを     つくり     あげた人 は ?

    グーテンベルク  ( 1398 ?~1468  )

         ( 正解 ! )

      ・・・

image

     ・・・

つぎは

活字を ならべ

印刷の しかたの 説明です。

そして、製本。

一さつの本が できるまでに、

おおくの手間が かかっていたのです。

で、

はじめの こたえは ?

       ・・・

   金属の活字と 印刷機を    

   つかって 印刷された本

       ・・・

グーテンベルク聖書   ( 1455年頃 )、

ルターのドイツ語 聖書 ( 1522年 ) も、  

この印刷機から     

生まれたのでした。

       ・・・   

        グーテンベルクの 作った本 は、 

        世界の歴史 を     すっかり かえてしまった。

       ・・・

※ 『 グーテンベルクの ふしぎな機械 』 ジェイムズ・ランフォード作  千葉茂樹訳   あすなろ書房  2013年   

小学校中・高学年 向け。   絵だけでなく、 装飾のうつくしい、 凝ったつくりの 絵本です。  大人も勉強になります。

       ・・・

【追記】

王彩芹さんの 研究 ( 「 日本初の グーテンべルク印刷機の 歴史的意義 」 ) に よると、 1586年に、  天正遣欧使節団の 帰国船に、 グーテンベルク印刷機の 一台が のせられて、  4年後 日本に 到着していました。    これによって、  刊行された  キリシタン本 は、  宗門書、  辞典、  文典、  文学 など 50 種 あったと 言われています。   その後、 1614年、  徳川家康の キリシタン追放令のため、 グーテンベルク印刷機も  マカオに   送られました。   西洋印刷機と の 再会は、 1848年のこと。   この間、 金属活字の 印刷ではなく、  日本は、 木版文化の 全盛期だったのです。

SHARE