ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 ぼく ひこうき 』- ぼくが ひこうきになるのか、ひこうきが ぼくなのか
image


かみひこうきといっしょに 

そらを とび、

行って 帰る ( 瀬田 貞二 )  

ファンタジー です。 

     ・・・

 よ し

 ぼく は   かみひこうきを   つくるぞ

 で き た ! 

 せ ー の  そ れ ! 

     ・・・

せいくん の     ひこうき は、

びゅん びゅん

とんで いきました。

     ・・・

あっ、  

むこうに トンネルが みえるぞ ! 

砂場 の トンネル に。

えい ! 

     ・・・

たいこばしの 下

ジャングルジムの 間

ブランコの となりを

すいすいっと、とび、

すべりだいを いっきに のぼってやるぞ ! 

image

そして そら へ。

たかく

たかく、

      

 ぐんぐん     ぐんぐん

 ぐんぐん ぐんぐん

 のぼって いきます。

        

うみ と   

やま が  

目の前に ひろがって います。

おおきいなぁ ・・・ すごいなあ ・・・

 ( 読者 も いっしょ に  おおぞら へ。 )

image

おおぞらに あそんだ  

そのとき に、

みちこせんせいの 声が聞こえました。

せ い く ー ん ・・・

       ・・・

つ か ま え た ! 

みちこせんせい が、 

せいくん を 

ぎゆっと 受け止めました。

      ・・・

どくしゃ は、

想像力を はばたかせ、

ぼくになったり、

かみひこうきになって、青空に飛んでいきます。

地上から 空へ 。

現実から 非現実の世界 へ

そして、もういちど、現実の世界に もどります 。

     ・・・

※『 ぼく ひこうき 』  ひがし ちから 作・絵     ゴブリン書房  2011年

【 追 記 】

「 ぼく ひこうき 」という タイトルは、 ぼく( せいくん )が、想像の なかで、ひこうきになるのか、ひこうきが ぼくなのか、曖昧です。でも、その微妙な表現が、ぼくを( 読者を )大空へと みちびきます。イメージの流れが、とても自然です。 ひがし ちからさんの 絵本表現への チャレンジを感じました。

また、瀬田貞二氏は 「 幼い子が 喜ぶお話には 単純な構造上の パターンがあって、それは 『 行って 帰る 』 ということではないか 」 ( 『 幼い子の 文学 』 )と指摘しています。

SHARE