ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 へっちゃら 君 』-ぼくは、へっちゃら じゃない!

image


自分の気持ちを 抑圧して 生きている 子どもがいます。

へっちゃら君も そのひとりです。

     

ある日、

へっちゃら君が、

ブランコに のろうと すると、

おれさま テッドが、  のっていました。

「 のせて やらないぞ ! 」

    へっちゃら     へっちゃら。

へっちゃら君は、

ブランコに のれない 

かなしい  きもちを

半ズボンの なかに しまいこみました。

     

水たまりで ころんでも、 

ジャムを  つけられても、 

     へっちゃら     へっちゃら。

動物園が  しまっていても、

ともだちに 見すてられても、

くさいぞと いわれても・・・

     へっちゃら     へっちゃら。

自分の気持ちを しまいこむのです。

しかし、

こころは パンク寸前。

     

そのとき、

かしこどりは、 いいます。

      

         きみのきもちを 少しでも、  

         自由にして あげると いいよ。

      

image

  

でも、

へっちゃら君は、 いいます。

きもちが たまっているから、

涙を ながしたら、 洪水になるよ。

おこったら、  すごいことになるよ。

     ・・・

へっちゃら君 から、

いかりの かけら

悲しみの かけらが でています。

涙 は、

ちいさな洪水に なりました。

怒ると、まわりは ゆれうごきます。

     ・・・

へっちゃら君は、

かしこどりに すべてを はなしました。

すると、

気分がよくなり、 かろやかな 気持ちになりました。

   ぼくは、     へっちゃら   じゃない !

     ・・・

それから、

へっちゃら君は、

へっちゃらで ないとき、

   へっちゃら    じゃない !

と、 言うようになりました。

     ・・・

子どもの こころの ドラマに 敏感に。

大人に 読んでほしい 絵本です。
     ・・・

※ 『 へっちゃら君 』  マーゴット・サンダーランド作、  ニッキー・アームストロング絵、  森さち子訳、  誠信書房   2011年発行

SHARE