ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 はなを くんくん 』-何が あるのかな?

image

表紙を  見てみましょう。

くまが、  すわっています。

りす、  のねずみ、  やまねずみは、  踊っています。

なにか   楽しいことが、  はじまりそうです。

表紙は、 黄色。

黄色の意味は、  最後に なって わかります。

色を   つかった伏線です。

      ・・・

題名は、 『 はなを くんくん 』。

「くんくん  しているのは  だれかな 」 と 問いかけてみます。

子どもの    興味をひきだす   仕掛です。

表紙は、  とてもたいせつ。

はじまり の ゼロ 行です。

     ・・・      

ゆきが ふってるよ。

のねずみ

くま

かたつむり

りす

やまねずみ が

雪のしたで、 木のなかで  眠っています。

あたり一面は  雪。

絵は、 白と墨色で   描かれています。

みんな  冬眠中。

雪のしたや  木のなかは、  現実には 見えません。

しかし、  雪のなかの   人物が、  見えるように    描かれています。

   ・・・

  や、  みんな  め を  さます。

  みんな 

  はなを  くんくん

  のねずみ が

  くまが

  かたつむり が

  りすも

  やまねずみ も    みんな   かけてく。

image

リズム感の   ある文章。

やわらかな タッチの    絵。

訳者は、  詩人の   木島始さん。

読んでみますと、  スピードを  だんだん  増していく  列車のような  感じです。

動物たちは、  どこへいくので しょう か。

くんくん している先に  なにが あるのでしょうか。

    ・・・

  みんな、  ぴたり。

  みんな  とまった。

  みんな  うっふっふっ、

  わらう、  わらう。    おどりだす…

  うわあい ! 

    ・・・

動物たちは、  なにかを    みつけました。

でも、

 くまが  じゃまして、  見えません。

子どもが、  このくまに むかって、

「 どいて 」 と、  手で払い    のけようとしたという    エピソードがあります。

ありそうなことですね。

image

    ・・・

動物たちが、  みつけた  黄色い花。

ちいさな春を  みつけた  よろこびです。

春を待つ   こころ。

うつくしいものに    感動する    こころ を 描いています。

     ・・・

※ 『 はなを くんくん 』   ルース・クラウス文、   マーク・サイモント絵、   木島始訳、   福音館書店   1967年    読んであげるなら 3歳から。

SHARE