ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 つる にょうぼう 』- 愛すればこその、哀切なわかれ
image


うつくしい 日本民話。

雪ふかい山里の おはなしです。 

     ・・・

よ平は、   

まずしい ひとり暮らしの若者です。

冬のある日、

つばさに 矢をうけた

鶴をたすけました。

     ・・・

その夜 おそく、

戸を たたくものが あります。

あけると、

ひとりの美しいむすめが たっています。

     ・・・

   女房にしてくださいまし

     ・・・

むすめは、はたを織ることを ねがいます。

そして、

三日三晩、

とんから とんから、

織りつづけ ました。

     ・・・

        けして のぞき見なさいませんように

     ・・・

よ平は、

その織物を 金にかえ 

ふたりは たのしくすごしました。

しかし、

お金が 少なくなると、

いいだしかねる よ平に

むすめが いいます。 

     ・・・

   もう一どだけ、 はたを織りましょう。

   でも もう、 

   これっきりにしてくださいまし

     ・・・

こんどは

四日四晩 かかりました。

よ平は

男に もうけばなしを 吹きこまれ、

お金のことばかり。

     ・・・

image

     ・・・

もう一度、 

はたを織る むすめ。

     ・・・

  二どと ふたたび織れませんけれど。

  ごしょうですから、 けして、のぞかずに

     ・・・

とんから とんから、

五日目

のぞかずにと あれほど言われたのに、

よ平は、 障子に 手をかけました。

「 あ 」

彼の見た むすめとは?

一羽の鶴。

     ・・・

   あなたの おやさしい心が  したわしく、

   それだけを たよりに、

   おそばに うかがったのでした。

   どうぞ 末長く、 おしあわせに

     ・・・

鶴は、

一反の 織物を のこして

飛びさるのでした。

鶴の 恩返し?

いや、

むすめの 愛のすがた。

愛すればこその

かなしい 別れです

     ・・・

※『 つる にょうぼう 』 矢川澄子再話   赤羽末吉絵   福音館書店   1979年
     ・・・

SHARE