ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 ちいさい おうち 』- バートンの  文明批評が みえます
image


バージニア・リー・バートンの 古典的名作( 1942年 )です。

    ・・・

むかし、

しずかな 田舎に

ちいさい おうちが     ありました。

あるとき

ちいさい おうち は、

遠くの町の あかりを見て、町に住んだら   

どんな気持ちが するものだろうと 思いました。

     ・・・

 

 夏

 秋

 冬

 季節は めぐります ・・・

 夜、

 町の明かりが、前より近く、おおきく 見えはじめました。

     ・・・

ある日、

馬のいない くるま ( 自動車 )

すちーむ しゃべる

と らっく

すちーむ ろーらー が 

あらわれ、ひろい道路が できました。

     ・・・

ちいさい おうちの まわりには、

住宅がたち、

いつのまにか、町になって、

景色は、どんどん かわっていきます。

     ・・・

 さらに、

 電車がはしり、

 高層ビルがたち、

 町から 都会に。

 いまでは、季節の変化も わかりません

 ちいさい おうちは、ビルの谷間に ひっそりと ありました。

     ・・・

春の あさ、おんなの ひとが、ちいさい おうちを 救います。そして、ちいさい おうちは、田舎にかえります。田舎では、なにもかもが たいへん しずかでした

     ・・・

太陽の表情。

月の満ちかけの カレンダー。

春夏秋冬の 風景。

文章のレイアウト。

     ・・・

ほんとうに、すみずみまで 神経の いきとどいた絵本です。

そして、都会と田園を対比して、しあわせとは何かを問いかけます。バートンの文明批評がみえる絵本です。

      ・・・

※ 『 ちいさい おうち 』  バージニア・リー・バートン作、  石井桃子訳、 岩波書店  1954年発行   アメリカでの初版は  1942年。

SHARE