ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 しょうた と なっとう 』 - 納豆を 食べたく なりました

image

     ・・・

しょうたは、

納豆が  だいきらいな 子。

夏のはじめ、

おじいちゃんと  あお だいずの  たねを  まきました。

 「 そのうち、しょうたが だいすきな えだまめ にもなんだぞ 」。

     ・・・

芽が でて、

花が 咲き、

さやが できました。

ゆでると 枝豆に。

 「 うまい !  とくべつ うまい! 」。

 「 そうか。 しょうた、 うめえかぁ 」。

でも、

おじいちゃんは、

大豆には まだまだ おもしろいことが あると いいます。

     ・・・

秋のおわり、

茶色くなった 大豆を 刈りとって、

むしろに ならべて 日にあてました。

 「 らいねんも  まくんだ 」。

そして、

大豆を

煮たり、 いったりして 食べること、

みそ、

しょうゆ、

とうふに、

変身することを おじいちゃんは 教えます。

それから、

 「 とっておきの へんしん が あるんだかんな 」。

     ・・・

冬の朝、

おじいちゃんは かまどで 大豆をゆでました。

そして、

おばあちゃんと  いっしょに 

わらづと( 藁の 入れもの )に つめこみ、

2日後、

納豆に。

      ・・・

しょうたは、

おもいきって 納豆を たべました。

 「 うまい !   じいちゃん 」。

 「 なっとうはよ、おおむかしっからある まほうのたべものだかんな」。

おじいちゃんは、

こんど、

ひみつの ほしなっとうの つくりかたを おしえるつもりです。

     ・・・

納豆が できるまでを、 おはなし仕立てで 語ります。

大豆の大変身。

そして、 日本の伝統食・納豆を再認識します。

     ・・・

※ 『 しょうたと なっとう 』  星川ひろ子、 星川治雄  写真・文  小泉武夫  原案 ・監修  ポプラ社    2003年

SHARE