ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 しずくの ぼうけん 』- かがくの絵本? それとも おはなしの絵本?

5313


水の 循環を おはなし仕立てにした ポーランドの絵本です。

      ・・・

バケツから 

とびだした 

水の しずく。

でも、

おひさまが ぎらぎら てりつけると、

しずくは 

やせていく。

見えなくなって、そらへ のぼっていきました。

    (  魔法かな ? )

  ( いや、 気体 に。 )

      ・・・

雲まで 

やってきた しずくたち。

さあ さあ ふるんだ ふるんだ ! 

ぱらぱら、

地面に あともどり。 

    ( これは  液体。 )

落ちたところは、 岩のわれ目。

     

  ああ どうしましょう ・・・

 このまま  ここで  しんじゃうのね 


image

でも、

さむい夜、

こんどは、

氷に なって、

    ( こんどは、 固体。 )

岩をくだき、 しずくにもどって 川へ。

         ・・・

つぎは、

水道の とりいれ 口。

まっくらな さびしい くだのなか。

えいっ、

とびこんだ ところは、洗濯機。

下着と いっしょに 干された しずく。 

     ・・・

さいご は、

つららに。

でも、

春に なったら、

しずくは、また、 冒険のたびに でることでしょう。

image

水蒸気

水蒸気

つらら

         ・・・

液体、  

気体、  

固体と  

変化する 水 三態 )。

かがくの 絵本に 分類されますが、表情ゆたかな しずくの ユーモラスな行動です。状況に 流されている ようでもあり、主体的に 行動している ようでもある しずく。やはり、しずくの ぼうけんの おはなしです。

      ・・・

※『 しずくの ぼうけん 』   マリア・テルリコフスカ作   ボフダン・ブテンコ絵   うちだりさこ訳  福音館書店  1969年

SHARE