ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 しあわせの 石のスープ 』- わかちあうことは、こころをゆたかにする
image


3人の おぼうさん。

ホク

ロク

ソー。

   ( 表紙の 人物です )

旅の とちゅうの 村で

石の スープ ? をつくる おはなしです。

    ・・・

3人が 村に ついてみると、

どの家からも へんじが ありません。

洪水や

戦争で

村人たちは、だれも 信用せず、

みんな、たがいに しらんかお。

     

 この村の人たちは、 しあわせを しらぬ

     

そこで、

3人の おぼうさんは、

石のスープを つくることに しました。

 ( 石の スープ って ? )

        ・・・

おおきな なべに、

すべすべの 石を 3つ。

火を おこし、

湯を わかすと・・・

 

 しおとこしょうで あじをつけるのが、

 石の すーぷの やりかた。

 でも、わしらは それを もたないのだと

 ロク。

 しおと こしょうなら、 あるぞ !

 にんじんなら、 すこし あったかも 

               ・・・

たまねぎ

きのこ

うどん

さやえんどう

にくだんご

きくらげ

おまめ

いも

とうもろこし ・・・

 

 だれかが、 心を ひらいて

 人の ために なることを すると

 べつの人が、 

 もっと いいことを します

      ・・・

でき あがった スープは

なんて いいにおい ! 

なんて おいしそう !

さいご は、村人みんなで 大宴会です。

image

つぎ のあさ、

僧との わかれのとき、村人たちは、気づくのです。

わかちあうことが、こころを ゆたかにする、と。  

3人の 僧は、スープを つくり、わかちあう よろこびを 村人たちに 思いださせました。あたえ、シェアする 思想が、未来を 暗示しています。  

     

 しあわせ とは、かんたんな こと ! ?

   ( なのでしょうか ? )

     

※『 しあわせ の 石 の スープ 』  ジョン ・ J ・ ミュース作・絵   三木卓 訳   フレーベル館   2005年

【 追記 】

この絵本は、現在 絶版のようです。  再版を 望みたい絵本の ひとつです。 公共の 図書館には  あるかもしれません。また、 おはなしの 原型は、ヨーロッパの民話にあるようです。  マーシャ・ブラウンの 『 せかいいち おいしいスープ 』 ( こみや ゆう 訳、 岩波書店 )も、同様なおはなしです。  ここでは 3人の兵隊が 主人公です。  機知にとんだおはなしで、 滑稽な感じもあります。「 もう たべものに  こまることは ない。 だって、  石から スープを   つくることを   おぼえたんだから 」。  たしかに、さいしょは   石だけでした。

ミュース の絵本の場合、 村人たちの閉じた心が  ひらかれる おはなしになっています。 また、しあわせとは かんたんなこと!? という問いが、投げかけられています。

SHARE