ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 ぐるんぱの ようちえん 』- 自分の居場所を 見つけた ぐるんぱ
image


むかし 読んだ

懐かしい絵本。

1966年 初版です。 

     ・・・

ぞうの ぐるんぱ は、

ずうっと ひとりぼっち。

すごく きたなくて     

くさーい におい。

いつも ぶらぶら している 

ときどき めそめそ なく 

ぞうたちは、ぐるんぱをきれいにして、働きにだすことに しました。

   (  ぐるんぱは、こうして じゃんぐるをでるんだ。 )

     ・・・

ぐるんぱが、

はじめに、つとめたのは

びすけっとやさん

はりきって  

特大のびすけっと を つくり、

 「 もう けっこう 」

と ことわられました。

     ・・・

つぎは、 

おさら。 

おおきな おさら をつくり、

 「 もう けっこう 」。

こんどは、

くつや。

ここでも、

おおきな くつ を つくり、 

 「 もう けっこう 」。

   ・・・

ぴあの     こうじょう で、

 「 もう けっこう 」。

じどうしゃ こうじょう で、

 「 もう けっこう 」。

つくるものが、大きすぎる のです! 

  ( ぐるんぱには ぴったり なんだけど。 )

     ・・・

しょんぼり しょんぼり の

ぐるんぱに、おかあさんが、12人の子どもたちと遊んでと頼みます。

     ・・・

ぐるんぱが、  

ぴあのを ひいて  

歌を うたうと、

みんな 大喜び。

おおきな おさらは プール 

おおきな くつで かくれんぼ 

びすけっとは たくさん残っています。

ぐるんぱは、幼稚園をひらくことになったのです。

     ・・・

image

     ・・・

よかれと、思ってやったのに、

すべて 空まわり。

5回の失敗。

でも、

さいごに、

ぐるんぱは、自分の 居場所を見つけ、幼稚園をつくった のです

 ( なんだか 若者論のような おはなしなんですね。 )

     ・・・
※ 『 ぐるんぱの ようちえん 』  西内ミナミ作   堀内誠一絵   福音館書店  1966年

SHARE