ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 くんちゃんの だいりょこう 』- 子どもの 冒険を やさしく  見まもる 家族
image


おかあさんと おとうさん に

見まもられた、くんちゃん の  

だ い り ょ こ う  ! ?

まわりは さむい 冬なのに、

あたたかで、ほのぼのとした 世界、

おもわず、笑みが こぼれる 世界です。

     ・・・

わたりどりが  

南に とんでいきます。

こぐまの くんちゃんは

     ・・・

      ぼくも みなみの くにへ いっていい ?

     ・・・

やらせて みなさい と おとうさん。

くんちゃんは

とりたちを 追って

丘を かけ のぼりました。

     ・・・

image

     ・・・

丘の    てっぺんから、

おかあさんが みえます。

くんちゃんは、

おかあさんに、

さようならの キスを   

してこなかったことを おもいだし、

丘を かけおり、  

おかあさんに キス。

     ・・・

また、

丘に のぼる くんちゃん。

とりたちを みるために、

         ・・・

    ぼく、そうがんきょうが いるな

         ・・・

そして また、

家に もどる くんちゃん。

       ・・・

p>そうがんきょうを もって

もう いちど、

丘に のぼる くんちゃん。

   ( 3回目 ! )

丘の てっぺんで

そうがんきょうを のぞくと・・・・

みずうみが みえます。

くんちゃんは ?

        ・・・

        ぼく、つりざおが いるな

             ・・・

また、

家に ぎゃく もどり。

     ・・・

image

     ・・・

それから、また 丘 へ。

今度は、のどが かわいて、

水を もって いかなくちゃ。

つぎは ?・・・

     ・・・

くんちゃんの だいりょこうは   

いったい どうなるのでしょうか ?

さいごは、   

みなさんが 予想した とおりです。

いえに もどって

くんちゃんは、

ぐっすり ベッドの なか。

   ( 冬眠です。  )

         ( やっぱり ! )

     ・・・

※ 『 くんちゃんの だいりょこう  』   ドロシー・マリノ 著、   石井桃子訳     岩波書店   1977年  ( 1961年 初版 )

【  追 記 】

くんちゃんが とても 魅力的。 でも、大人の読者は、くんちゃんを あたたかく見守る おかあさんと おとうさん、 ふたりの 子育てにも 心ひかれます。

くんちゃん シリーズです。

『 くんちゃんと ふゆの パーティー 』     あらい ゆうこ訳   1981年   ( ペンギン社 )

『 くんちゃんの はじめての がっこう  』   まさき るりこ訳    1982年   ( ペンギン社 )

『 くんちゃんの もりの キャンプ 』    間崎 ルリ子 訳     1983年    ( ペンギン社 )

『 くんちゃんは おおいそがし 』      まさき るりこ訳     1983年    ( ペンギン社 )

『 くんちゃんの はたけしごと 』       間崎 ルリ子 訳      1983年    ( ペンギン社 )

SHARE