ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 がたん ごとん がたん ごとん 』- 表情をもった 身近な じんぶつたち

1
あかちゃんに 読んであげるのに 最適な絵本。
むかし、ファーストブックとして息子に読んでやった 絵本です。
     ・・・
くろい きかんしゃ。
車両は からっぽです。
     ・・・
 がたん ごとん 
 がたん ごとん
 のせて くださーい

     ・・・
はじめに乗るのは、ほにゅうびん。
でんしゃは、ちょっぴり うれしそうです。
     ・・・ 
 がたん ごとん 
 がたん ごとん
 のせて くださーい

     ・・・
こんどは、赤いコップとスプーン。
2
つぎは、
リンゴ と バナナ。
つぎは、
ねこ と ねずみ。
きかんしゃは、がんばっています。
まじめな表情の ちいさな きかんしゃです。
     ・・・
親しみやすく、りきみのない 安西水丸さんの 絵。
身のまわりのものが、絵本にでてきます。 
それは、 
ものではなく、表情をもった じんぶつです。
そして、絵本のなかで 再会です。
わかりやすい くりかえしの表現が、子どもに安心感を あたえます。
1
※『 がたん ごとん がたん ごとん 』 安西水丸 作、 福音館書店 1987年 (2016/4/10)

SHARE