ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 おおきく なりすぎた くま 』- 自然な成長が 生みだす ドラマ
image


くまと 

少年の  

ふれあいを えがいた 絵本。

1952年の コルデコット賞 受賞作品です。

     ・・・

ある日、

ジョニーくんは 

森に でかけます。

でも、

森から つれてきたのは  

こぐま。

     ・・・

こぐまは、

どんどん 成長していきます。

  ぎゅうにゅう

  にわとりの えさ

  りんご

  パンケーキ

     かえでさとう

     だいすき。

     ・・・

よその家 の 

  とうもろこし

  ベーコンや 

  ハム

  かえでの みつまで 

  食べてしまい、

  村の やっかいものに。

     ・・・

少年は、

おおきくなりすぎた くま を  

森に 返そうとします。

でも、

なんど やっても 

もどってきます。

そこで、

おとうさんと 相談し、

さいごに、

鉄砲で 撃つことに しました。

   ( ええっー ! )

くまは、  

どうなるのでしょう ?

     ・・・

結末を 知りたい読者。

はたして

その 結末は ?

おおきく なりすぎた ?    くまは、

さいごに

動物園に 

ひきとられることに なったのでした。

     ( ハッピーエンド ! )

     ・・・

成長し、

どんどん 追いつめられていく  

くま。

悪気は ないのに、

自然なふるまい ( 成長 ) が

じぶんの のぞまない 事態を  

うみだして いきます

ここに ドラマがあります。

それは

人生の真実でも あります。

      ・・・

※『 おおきく なりすぎた くま 』 リンド・ワード 文・画  渡辺茂男訳  ほるぷ出版  1985年  86頁の読みごたえのある おはなしです。 

SHARE