ふるはしかずおの絵本ブログ3

『 へいわって どんなこと 』-「ぼくが うまれて よかったっていうこと」

image

『 へいわって どんなこと 』 (浜田桂子作) は、

日本の絵本作家が、

中国と 韓国の絵本作家へ よびかけ、 実現した、

平和を訴える シリーズの 第一作でした。

2011年の ことです。

     ・・・

「 せんそうを しない 」

「 ばくだんなんか おとさない 」

「 いえや まちを はかいしない 」

平和とは、

こんなことと、 ストレートに 語りだします。

     ・・・

「 せんそうを しない 」 の表現の うらには、

  せんそうを  している  事実。

「 ばくだんなんか おとさない 」 の表現の  うらには、

  ばくだんが 落とされている 現実が  かさなります。

     ・・・

語り手は   つづけます。

平和って   どんなこと?

「 おなかが すいたら だれでも ごはんが たべられる 」

「 ともだちと いっしょに べんきょうだって できる 」

「 あさまで ぐっすり ねむれる 」

     ・・・

でも、

現実は、この反対。

ごはんが  たべられない 現実。

べんきょうが  できない 現実。

ぐっすり  ねむれない 現実。

否定のなかの  肯定。

肯定のなかの  否定。

二重に、  読んでみることが   必要です。

image

わかりやすい、

やさしい言葉で、

平和について   描いています。

ちいさな子でも、   理解できる   ことばで。

     ・・・

へいわって  ぼくが  うまれて  よかったって   いうこと。

     ・・・

心に響く   ことば です。

作者の   メッセージです。

平和は、

ふだんの   生活そのものです。

そして、

子どもの未来を まもるものです。

     ・・・

※ 『 へいわって どんなこと 』  浜田桂子作、  童心社   2011年発行  (2014/3/18)

SHARE