ふるはしかずおの絵本ブログ3

『とりかえっこ 』 -何をとりかえっこ。 なきごえをとりかえっこ。

image

『とりかえっこ』 は、

ひよこが、 

さまざまな動物と 出会い、 

鳴き声を つぎつぎと とりかえていく おはなしです。

            ・・・

 あそびに いってくるよ びよ ぴよ ぴよ

 ねえ ねずみさん なきごえ とりかえっこ しようよ

     ぴよ       ちゅう

     ぴよびよ     ちゅうちゅう

        ・・・

 ねえ ぶたさん なきごえ とりかえっこ しようよ

     ちゅう      ぶう

     ちゅうちゅう   ぶうぶう

        ・・・

   ねえ  かえるさん なきごえ とりかえっこ しようよ

     ぶう       けろ

     ぶうぶう      けろけろ・・・・・・

        ・・・

ねずみ、ぶた、かえるのところまですが、 

この後の展開については

予想が ついたことと思います。

かえるの鳴き声をもらった ひよこは、 

つぎに誰と 出会うのでしょうか。

また、

どのような結末が 待っているのでしょうか。

            ・・・

つぎつぎと、 

動物たちの 鳴き声を交換していく このおはなしは、くりかえしによって、鎖のようにつながっていく 絵本の典型です。いぬの声をもらった ひよこが、ねこを追い払う場面は、意外性があって楽しめます。

            ・・・

ところで、

 『 とりかえっこ 』の面白さがわかるには、動物と その鳴き声についての常識が必要です。ひよこが、かめと声を取りかえて、「 む 」という場面があります。ちいさな子どもは、この「 む 」の面白さがわからないと ある保育者が言っていました。ありそうなことですね。

この絵本は、

 ペープサート、 

パネルシアター、 

人形劇にも 応用できるでしょう。

         ・・・

※ 『とりかえっこ 』   さとうわきこ作、  二俣英五郎絵、  ポプラ社  1978年

SHARE