ふるはしかずおの絵本ブログ3

『しっぽのはたらき』 - 「しっぽ」って何の役に立つの?

image

「 しっぽ 」 と聞いて、  
子どもたちは どう思っているのでしょうか。

      しっぽって なに ? 

      なんの役に 立つの?  

       ・・・

「しっぽ」を使った表現-「しっぽをだす」「しっぽを掴む」 「しっぽをふる」「しっぽを巻く」。あまりよいイメージではありません。

しかし、この絵本の題名は、『しっぽのはたらき』。 しっぽに「はたらき」があるというのです。

       ・・・ 

表紙に、

しっぽ らしいものが、果物にまきついています。

いったい、 誰のしっぽ でしょうか。

この絵本の場合、

表紙から、 中表紙をとばして、 第1画面にいきましょう。

くもざる です。

この方が、 イメージの流れに 中断がありません。

くもざるのしっぽは、

手のような はたらきをして、たべものをとっています。

       ・・・

次からは、「 しっぽ 」 の さまざまな はたらき ( 機能 ) が、

くりかえされます。

       ・・・

にほんざる  ・・・さる社会の中の力関係を   尻尾がしめす

いぬ  ・・・・・・気持ちを   尻尾であらわす

うし  ・・・・・・ハエたたたきのようにして  ハエや虻を追い払う

りす  ・・・・・・からだの   つりあいをとる

かんがるー ・・・・からだの   つりあいをとる

きつね  ・・・・・走る向きを   かえる ( かじの役目 )

いるか  ・・・・・しっぽをうごかして  水中をおよぐ

がらがらへび ・・・音をたてて   身をまもる

かなだやまあらし ・・・ しっぽで敵から   身をまもる

とかげ ・・・・・・・・しっぽを切って   身をまもる

      ・・・

ところで、

動物が、 生きていくうえで、 基本的なことは、

    ①. 食べること

    ②. 身を まもる こと

    ③. 子孫を のこすこと。

     ・・・

動物たちは、   しっぽを使って、 

食物をとったり、

身をまもったり  しているのです。

「 生きていくために たいせつな しっぽ 」 という主題が、   強調されています。

      ・・・ 

絵本にでてくる動物以外にも、

しっぽ を持った動物が たくさんいます。

きっと、 そのしっぽ も、  大切なはたらきがあるに 違いありません。

そして、 しっぽ だけでなく、

 爪、

 くちばし、

 耳、

 手、

 鼻 ・・・

生きていくうえで、 きっと、 大切な働きを しているはずです。

       ・・・

image

       ・・・

薮内正幸さんの絵は、

動物を 的確に表現するだけでなく、

表情が あります。

動物たちの 瞬間の動きを 見逃しません。

また、

どの画面も、 しっぽが 描かれていますが、

つぎのページを 見るまでは、  

どんな動物のしっぽなのかは わかりません。

絵は、なぞなぞ仕立てになっています( 上図 )。

            ・・・

※『 しっぽの はたらき 』 川田健ぶん、 薮内正幸え、 今泉吉典監修、 福音館書店  1972年 

 (2013/9/24)

SHARE